關於部落格
WE ARE X 所謂運命共同體
  • 101739

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    2

    追蹤人氣

5月 X JAPAN東京巨蛋演唱會

YOSHIKI記者会見でX JAPANドームライブを電撃発表
2009年2月11日 16:40     

 イメージ
老大跟ROCKSTAR合作贊助童夢車隊的樣子(?)
又多一項外務了...
話說某人頭髮染得有點過橘了吧*被打
「ギリギリのところで戦っている感じが僕と似ている」と、モータースポーツへの思いを語ったYOSHIKI。

 
4月に鈴鹿サーキットで行われるレースはYOSHIKIプロデューサーも観戦予定とのこと。

X JAPANのYOSHIKIがSUPER GT 童夢レーシングチームのプロデューサーに就任。本日2月11日、「TEAM YOSHIKI & DOME PROJECT」の発表記者会見を行った。


イメージ
今回のプロデュースは、YOSHIKIがエグゼクティブプロデューサーを務めるエナジードリンク「ROCK STAR」が、童夢レーシングチームの2009年度メインスポンサーに決定したことから実現。会場のHondaウエルカムプラザ青山には大勢の報道陣と、YOSHIKIの公式携帯サイト「YOSHIKI mobile」から招待された多数のファンが集まった。

予定どおり15時より始まった会見にはYOSHIKIのほか、童夢社長の林みのる、中村監督、そして道上龍と小暮卓史の両ドライバーが登壇。それぞれ今年度のレースに賭ける思いを語った。

林社長は「モータースポーツを一般社会へアピールしたいと思っていたところへ、クルマ好きなYOSHIKIさんとの接点ができてこの話が決まりました。今年はドライバーの熟練度も車のクオリティも上がったので、そこそこの戦いはできると思います」と意気込みを語った。また、記者会見直前に初めてYOSHIKIと会ったという道上ドライバーは「こういうプロジェクトになってとても驚いています。YOSHIKIさんは海外でも有名な方なので、日本のモータースポーツにも何かをもたらしてくれると思いますし、一緒にレースを盛り上げていきたいと考えています」と語った。

プロデューサーのYOSHIKIは今回のチーム名について、「カッコいいですね。ただね、僕『ドーム』って聞くとちょっとびびるんですよ(笑)。とにかく、僕が子どものころから知っているチームなのでとても嬉しいです」と笑顔で喜びを口にした。また、普段のモーターライフについては「普段はけっこう速いクルマに乗ってます。エコカーも持っていますけど、速いクルマが好きですね」と、レース好きのYOSHIKIらしい素顔をうかがわせた。

さらに、プロデューサーとして実現させたい夢は「勝つことじゃないですか? やるからには勝たないといけないですね」と即答。ドライバーの2人への激励の言葉を求められると「勝ってください」と言葉をかけ、プレッシャーを与えた。

また、YOSHIKIは今後のX JAPANの国内ライブスケジュールについても言及。 「交渉はいろいろしているんですが、実は大阪の京セラドームと交渉が決裂しまして(笑)。ただ、東京ドームは日程が決まりました。5月2日と3日にやります」と、東京ドーム2DAYSライブが決定したことを発表。集まった報道陣やファンからは大きな歓声が起こった。
↑東京巨蛋live於5月2日、3日...YM、官網也確定了

このほか地方でもライブを行うため、各会場との交渉を行っていることも明らかにしたYOSHIKI。「振動や騒音の問題があるなら、例えばオーケストラライブにするとか、いろいろな対策を考えています。実は京セラドームがダメなら、ってことで甲子園とも交渉したんですよ。去年いろいろあって甲子園に行けなかったんで(笑)」と、自虐的なジョークを交えて交渉の様子を披露した。

このほかワールドツアーについても、フランス公演を夏に、北京公演を秋に行う予定であることを発表。 「いつもファンの人に申し訳ないんですよ。急にライブが決まって急にチケットを売り出すので」と、ファンを気遣う様子もうかがわせた。 (↑關於世界巡迴,法國預計在夏天舉行、北京則在秋季。)

記者会見後に行われた質疑応答にはファンも参加。以前発言していた「6人目のメンバー」について訊かれると、「言うときは言うから」と苦笑交じりに回答。また、オークション形式でのチャリティーライブが中止になったことについては「著作権の問題があって、ひとつ100万の席があるとそれを中心に著作権料を支払わないといけないんです。それで前回は中止にしたんですが、今後のチャリティー活動はもちろん考えていますので、決まったらお知らせします」など、ファンからの質問に丁寧に答えた。


<YOSHIKI>ロゴ付きマシン、スーパーGT参戦へ 「甲子園ライブ」にも意欲
<YOSHIKI>ロゴ付きマシン、スーパーGT参戦へ 「甲子園ライブ」にも意欲
自動車レースの国際シリーズ「スーパーGT」の500クラスに参戦する「童夢NSX」(ホンダ)のメーンスポンサーをエナジードリンク「ロックスター」(オージービー、本社・兵庫県尼崎市)が務めることが決まり、11日、ホンダ本社(東京都港区)で会見が開かれた。同飲料をプロデュースするロックバンド「X JAPAN」のリーダー・YOSHIKIさんは壇上で「勝って下さい!」と、ドライバーの道上龍選手(35)、小暮卓史選手(28)らを激励した。

 童夢は97年の第2戦からレースに参戦。98年から11年間はシートベルトやチャイルドシートなどの制作・販売を行う「TAKATA」が支援していたが9日に撤退を発表していた。「ロックスター」は昨秋、日本に上陸した栄養補給飲料で、国内スポーツのスポンサーになるのは初めて。カラーリングはこれまでの緑から、フロントとサイドに「YOSHIKI」の文字が入ったブラックのマシンに一新した。

 道上・小暮両選手は、05年からコンビを組むベテラン。YOSHIKIさんは2人の選手や童夢の林みのる社長やドライバーらとがっちり握手した。道上選手は「まだ会ったばかりだけど、これから話して盛り上げていきたい」、小暮選手は「昨年、一昨年とチャンピオンを獲り逃がしているので、今年こそはという思いある。テストを重ね、開幕までに満足いく形に仕上げたい」とそれぞれ気合いを入れていた。

 レースは3月21日、「岡山国際サーキット」で開幕する。OSHIKIさんは現在世界ツアー中のため、開幕戦は観戦できないが、4月に「鈴鹿サーキット」(三重県鈴鹿市)で開かれる第2戦には応援に行く予定という。 (說因為正值世界巡演中,Yoshiki想去開幕戰卻不太能去,不過,似乎有去看4月「鈴鹿サーキット」的念頭)

 また会見では世界ツアーの一環で、日本公演が決定したことを発表。YOSHIKIさんは「5月2・3日に東京ドームでやります。大阪は昨年いろいろ(母校が甲子園に出場したことなど)あったが行けなかった甲子園でやりたい」と話していた。 (老大異想天開的說想在甲子園辦live)

 スーパーGTは市販車を改造したマシンで争われ、500クラスはSC430(トヨタ)、GT-R(日産)、NSX(ホンダ)の3メーカーが参戦する。同カテゴリーには近藤真彦さんが監督を務める「KONDO RACING」も名を連ねる。昨年は一つ下のカテゴリー「300クラス」に、初音ミクのイラストを施したチームが登場するなど話題を集め、全9戦で49万人を動員した。【西村綾乃】




X JAPAN、5月の東京ドーム公演発表! YOSHIKIはリベンジの地・甲子園でのライブも視野
ロックバンド・X JAPANのリーダー・YOSHIKIがレーシングチームをプロデュースすることになり11日(水)、都内で行われた『TEAM YOSHIKI 童夢 PROJECT』体制発表会見に出席した。YOSHIKIは今後のX JAPANのワールドツアー日程について切りだし「5月2日、3日に東京ドームでやります」と発表。さらに昨年母校の千葉県・安房高校が選抜高校野球大会に初出場した際に現地での応援が高野連からのお達しにより果たせなかった阪神甲子園球場でのライブも“リベンジ”として視野に入れていることを明かした。

 昨年再結成ライブを行った東京ドームで再び公演を行うことを発表したYOSHIKIは「世界ツアーで日本も回れないかと考えてた」と、日本のファンのために意欲的に日本でライブを行うことを宣言。しかし「もっと発表するはずでした。でも、何個か決裂しちゃって」と唇をかみ締めた。

 現に「京セラドームとの交渉が決裂しました。それも発表するはずだったけど、平行線。Xジャンプをやるなとか、音量のでかさとか、終演時間の問題とか。でも一番でかいのは振動の問題みたい」と道のりは厳しい様子。それでも「Xの武器としてオーケストラがあるんで、大阪は諦めてません」と実現を約束した。 (雖然說因為音量、X JUMP等種種問題,沒辦法在京セラ巨蛋開演唱會,不過還沒放棄讓X Japan在大阪開live的計畫這樣...管弦樂?)

 さらに甲子園球場とも交渉中であることを明かし「昨年いろいろあって行けなかったので、だったらコンサートをやってやろうかと思った」。母校応援の際に高野連が会場の混乱を危惧し入場を自粛されたという経緯があるだけにリベンジの構えだ。

 今回のプロデュースは、元々レーシングに関心が深かったYOSHIKIと、SUPER GT 童夢レーシングチームのモータースポーツの認知度向上を図りたいという想いが合致し実現。YOSHIKIは「やるからには勝たないとね」と狼煙をあげ、士気を高めていた。
X JAPAN、5月の東京ドーム公演発表! YOSHIKIはリベンジの地・甲子園でのライブも視野

 


X JAPAN 5月に東京ドーム2DAYS決定!“鳥の巣”公演も年内実現か!?
2009年2月12日(木) 1時51分

現在、X JAPANのワールドツアー中のYOSHIKIが国内で公の場に姿を見せたのは、昨年の大晦日に赤坂BLITZで行われたカウントダウンライブ以降、今回が初めて。発表会には国内外の報道関係者と、「YOSHIKI mobile」の抽選で招待されたファン100名が詰めかけた。また、プロジェクトチームのドライバーである道上龍選手、小暮卓史選手も登場。YOSHIKIが両選手へエールを送るとともに、「やるからには勝ちたいんで、勝ってください!」とプレッシャーを与えるひと幕も。

“童夢”という言葉から“東京ドーム”を連想したというYOSHIKI。会見ではワールドツアーの詳細について多くを語り、音量や「Xジャンプ」による振動問題で京セラドーム大阪との交渉が“決裂”していることと、その一方で5月2日(土)、3日(日)に東京ドームライブが“決定”したことを明らかにした。「京セラドームについては、エックスに限らずみんな大変みたい。ほかのロックバンドが無理なのに、僕たちができるわけがないと思ったんですが、エックスの場合にはオーケストラ(コンサート)っていう武器がある。まだあきらめていません! ちなみに、甲子園やユニバーサル・スタジオ・ジャパンとも交渉しています」と、地方公演への前向きな姿勢を示した。

“童夢”という言葉から“東京ドーム”を連想したというYOSHIKI。会見ではワールドツアーの詳細について多くを語り、音量や「Xジャンプ」による振動問題で京セラドーム大阪との交渉が“決裂”していることと、その一方で5月2日(土)、3日(日)に東京ドームライブが“決定”したことを明らかにした。「京セラドームについては、エックスに限らずみんな大変みたい。ほかのロックバンドが無理なのに、僕たちができるわけがないと思ったんですが、エックスの場合にはオーケストラ(コンサート)っていう武器がある。まだあきらめていません! ちなみに、甲子園やユニバーサル・スタジオ・ジャパンとも交渉しています」と、地方公演への前向きな姿勢を示した。

“童夢”という言葉から“東京ドーム”を連想したというYOSHIKI。会見ではワールドツアーの詳細について多くを語り、音量や「Xジャンプ」による振動問題で京セラドーム大阪との交渉が“決裂”していることと、その一方で5月2日(土)、3日(日)に東京ドームライブが“決定”したことを明らかにした。「京セラドームについては、エックスに限らずみんな大変みたい。ほかのロックバンドが無理なのに、僕たちができるわけがないと思ったんですが、エックスの場合にはオーケストラ(コンサート)っていう武器がある。まだあきらめていません! ちなみに、甲子園やユニバーサル・スタジオ・ジャパンとも交渉しています」と、地方公演への前向きな姿勢を示した。


YOSHIKI、スーパーGT“参戦”
2009.2.12 05:05


操作メニューをスキップして本文へ 印刷するブックマーク :国内モータースポーツ界の“救世主”となるYOSHIKI(右)。チームにメーンスポンサーも付け、サーキットにも姿をみせる=東京・南青山(撮影・原田史郎)【フォト】 ロックバンド、X JAPANのリーダー、YOSHIKI(年齢非公表)が11日、国内人気モータースポーツ「スーパーGTシリーズ」に“参戦”表明した。レーシングカーメーカーの童夢と「TEAM YOSHIKI&童夢プロジェクト」を立ち上げることを都内で発表。スポンサーも持ち込み、強力サポートすることを約束した。YOSHIKIが、世界的な不況で逆風が吹き荒れるモータースポーツ界の救世主になる!

名門チーム、童夢とタッグを組む「TEAM YOSHIKI&童夢プロジェクト」の発表会見で、自身がプロデューサーを務める米国のスポーツドリンク「ROCK ST☆R(ロックスター)」をチームのメーンスポンサーに付けることをぶち上げた。その額、なんと5000万円は下らないという。

先月16日、X JAPANのワールドツアーをスタートさせ、世界制覇の夢へ一歩踏み出したYOSHIKIにとって、次なる夢がモータースポーツ“参戦”だった。かねてから親交のあった童夢の林みのる社長から今回のタッグを持ちかけられ、「音楽はギリギリのところでやっているが、レースもギリギリなところが好き」と呼応した。

実は、YOSHIKI率いるX JAPANは95年から2年間、フォーミュラカーレース、全日本F3000の出場チーム「チーム・ルマン」のメーンスポンサーとして支援した実績がある。

全日本F3000がフォーミュラ・ニッポンに変わった初年度の96年には、同チームのラルフ・シューマッハー(ドイツ)が年間王座を獲得。ラルフはF1ドライバーに巣立っていった。

今度はスポンサーからチームを“束ねる”プロデューサーに就任だ。「今回、話を受けた童夢も、子供のころからスーパーカーのメーカーとして知っていたし、だからタイアップすることにしたんです」と、サングラスの奥の少年のような瞳を輝かせた。


世界的な金融危機に端を発した景気の悪化を受けて自動車業界は逆風まっただ中。昨年12月にホンダが自動車レース最高峰のF1から撤退を表明。さらにスズキとスバルが世界ラリー選手権(WRC)から、三菱自動車もダカール・ラリーからの撤退を決めた。

だからこその参戦。YOSHIKIは「やるからには勝たなければいけない」と“勝負師”の顔をのぞかせ、4月19日に鈴鹿サーキットで決勝を迎える第2戦を手始めに、スケジュールが許す限り現場に出向いて応援することも表明した。

チームドライバーは昨季に続き、道上龍(35)と小暮卓史(28)が「ROCK ST☆R童夢(ホンダ)NSX」で、GT500クラスに参戦。道上が「勝ちます」と意気込めば、小暮も「YOSHIKIさんとともに戦えて光栄。昨季、一昨季と取り逃がした王座を今季こそ獲りにいきます」と決意も新たにした。YOSHIKIの参戦が、冷え切ったサーキットに春を呼ぶ。
YOSHIKI、スーパーGT“参戦”(1)
YOSHIKI、スーパーGT“参戦”(2)
YOSHIKI、スーパーGT“参戦”(3)
YOSHIKI、スーパーGT“参戦”(4)
YOSHIKI、スーパーGT“参戦”(5)
YOSHIKI、スーパーGT“参戦”(6)
YOSHIKI、スーパーGT“参戦”(7)
YOSHIKI、スーパーGT“参戦”(8)
YOSHIKI、スーパーGT“参戦”(10)


飲料水飲んで熱くなれ!YOSHIKIが参戦

「X JAPAN」のYOSHIKI(年齢非公表)がレーシングチームをプロデュースする。「SUPER GT」に参戦する「童夢レーシングチーム」の発表会見が11日、都内で行われ、全面バックアップを約束した。

YOSHIKIプロデュースの炭酸飲料「ROCK STAR」が同チームのメーンスポンサーになる関係で、チームプロデューサーを担当する。ドライバーは道上龍(35)と小暮卓史(28)で、3月21日の開幕戦から参戦。YOSHIKIは「鈴鹿での第2戦(4月18、19日)は見に行きたい。やるからには勝たないと」とチームにハッパをかけた。

95年には「X―JAPAN Racing Team Le Mans」でF3000に参戦。現在F1で活躍するラルフ・シューマッハを擁し、96年には優勝も経験した。

一方、X―JAPANでは東京ドーム公演が5月2、3日に決まった。大阪公演は京セラドームでの開催が難航しているといい、代わりに甲子園球場も候補に入れた。甲子園は昨年、母校の千葉・安房高校が選抜高校野球大会に初出場した際、混乱を招きかねないため来場を遠慮してほしいなどと高野連から要請され、行けなかった因縁がある。


YOSHIKIサーキットの男!hideさん命日5・2公演も発表
ホンダの高級車「NSX」の前で笑顔のYOSHIKI
本紙インタビューに応じたYOSHIKI
人気バンド「X JAPAN」のYOSHIKIがレーシングチームをプロデュースすることになり11日、都内で会見した。

YOSHIKIがイメージキャラクターを務める飲料水「ROCK STAR」がSUPER GTに参戦する童夢レーシングチームのスポンサーを務めるもの。YOSHIKIは1996年に「X JAPAN」でフォーミュラ・ニッポン参戦チームのスポンサーを務めるなど、以前からレース好き。スポーツ報知の取材に「レースは人のロマン。少しでも力になれれば」。サーキットにも足を運ぶつもりだ。

本紙インタビューに応じたYOSHIKI “本業”のX JAPANが5月2、3日に東京ドーム公演を行うことも発表。5月2日はギタリストのhideさんの命日だ。「偶然なんですけど、重なった。運命? そうかも。毎回成長してるので、去年のドームとは違うものを見せられると思う」と話し、新曲の披露も約束した。

一方、計画を進めていた大阪ドーム公演は「交渉が決裂しました」と苦笑い。恒例の「Xジャンプ」による振動の大きさなどが原因だという。「まだ(大阪公演を)あきらめてない。甲子園とも交渉中」と仰天プランを明かしていた。


『X JAPAN』5・2、3東京ドームライブ 昨年、母校応援で入場拒否甲子園ライブもぶち上げ
人気ロックバンド「X JAPAN」が、現在展開中のワールドツアーの追加公演として、5月2、3日に東京ドームでライブを開催することが正式決定した。11日、東京都内で開かれた「TEAM YOSHIKI & DOME PROJECT」の記者会見に出席したリーダーのYOSHIKI(年齢非公表)が明かした。

 YOSHIKIは昨年、自身のジュエリーブランドの記念パーティーの際、東京ドーム4日間と、東京以外のドーム2日間と合わせて6日間のドーム公演を開催すると発表していたが、「京セラドーム大阪については交渉が決裂しました」と苦笑。爆音による騒音や終演時間、そしてファンのジャンプ(通称Xジャンプ)による振動の問題がクリアできなかったとした上で、「Xの場合はオーケストラという武器もある。まだあきらめていません」と話した。

 さらに、東京ドーム公演も現在2日間しか決まっていない中、“因縁”の甲子園球場でのライブ構想もぶち上げた。昨年、春のセンバツ高校野球に母校の安房高校(千葉)が初出場し、スタンド観戦を予定していたものの、警備上の問題から高野連に事実上来場を拒否されただけに、「いろいろありましたからねー。行きたいです」と不敵な笑みを浮かべていた。

 そのほか、大阪・ユニバーサルスタジオや北京五輪の会場となった中国の北京国家体育場(鳥の巣)でのライブ開催を目指し、交渉を続けていることも明かした。


YOSHIKI、甲子園ライブ熱望
ロックバンド「X JAPAN」のリーダー・YOSHIKI(年齢非公表)が11日、都内でデイリースポーツの取材に応じ、甲子園球場でのライブを熱望した。Xの世界ツアーの候補地として現在、交渉中という。

YOSHIKIは昨年、母校の千葉県・安房高校が選抜高校野球に初出場した際、観戦の意向を示した。しかし、ファンが殺到する恐れがあり、警備上の問題から断念した経緯がある。それだけに「(そのことを)Xと一緒にするのもおかしいけど、(甲子園で)やってみたいよね」と語った。

この日は、都内で会見し、レーシングチーム「童夢」をサポートすることも発表。F1から撤退する企業が相次ぐなどレース界には逆風が吹いているが「火を絶やさぬよう、力になれれば」と語った。

また、5月2、3日に東京ドーム公演を行うことも決定した。


「X JAPAN」YOSHIKI、スーパーGT参戦「童夢NSX」激励
「X JAPAN」のYOSHIKIさんは11日、都内ホンダで開かれた「TEAM YOSHIKI&DOME PROJECT」に出席し、「スーパーGT」の500クラスに参戦する「童夢NSX」のドライバー道上龍(35)、小暮卓史(28)両選手らを壇上で激励した。

YOSHIKIさんは「童夢NSX」(ホンダ)のメーンスポンサーを務めるエナジードリンク「ロックスター」(オージービー)をプロデュースする。同チームの車には「YOSHIKI」のロゴが入っているという。

「ロックスター」は昨秋、日本に上陸した栄養補給飲料で、国内スポーツのスポンサーになるのは今回が初めて。「スーパーGT」は市販車を改造したマシンで争われ、500クラスはSC430のトヨタ、GT-Rの日産、そしてNSXのホンダの3メーカーが参戦するという。

小暮選手は「昨年、一昨年とチャンピオンを獲り逃がしているので、今年こそはという思いがある。テストを重ね、開幕までに満足いく形に仕上げたい」と意気込みを語った。



スーパーGT:YOSHIKIが童夢のプロデューサーに就任
2009年2月12日
YOSHIKI
童夢は、2009年のスーパーGTにおいてチームプロデューサーにX JAPANのYOSHIKIを迎え、「TEAM YOSHIKI&童夢 PROJECT」として参戦することを発表した。

今年の童夢のGTレースへの取り組みは今までとは少し異なり、チームプロデューサにX JAPANのYOSHIKIを迎え、一般社会におけるモータースポーツの認知度の飛躍的な向上を目指し、華やかな展開を試みる。YOSHIKIがエグゼクティブ・プロデューサーを務めているエナジー・ドリンクのROCKST☆Rもスポンサーとして参画。童夢、YOSHIKI、ROCKST☆Rのコンビネーションが誕生した。

YOSHIKI率いるX JAPANは95年から2年間、全日本F3000の「チーム・ルマン」のメーンスポンサーとして支援した実績があり、全日本F3000がフォーミュラ・ニッポンに変わった初年度の96年には、ラルフ・シューマッハが年間チャンピオンを獲得し、ラルフはその後F1へのステップアップを果たしている。

YOSHIKIも時間の許す限りサーキットに足を運ぶという。

TEAM YOSHIKI&童夢 PROJECT
TEAM YOSHIKI&童夢 PROJECT TEAM YOSHIKI&童夢 PROJECT カラーリング
http://autoc-one.jp/news/index.php?itemid=3030


YOSHIKIがスーパーGT参戦! 5月には東京ドーム2DAYS決定!

スーパーGTに参戦する「TEAM YOSHIKI&童夢プロジェクト」の体制発表会見が2月11日に開かれた。チーム・プロデューサーを務めることになったYOSHIKIが登壇し、今後のX JAPAN活動について「5月2日、3日に東京ドームでやります」と発表した。
YOSHIKI
TEAM YOSHIKI&童夢プロジェクト
実際にサーキットで戦うレーシング・マシンを披露
「童夢」林オーナーとYOSHIKI
「童夢」林オーナー、YOSHIKI、チーム・ドライバー 道上龍
YOSHIKI
YOSHIKI
 

X JAPANは現在ワールドツアー真っ最中。日程の中に日本公演も何か所か入れたいという希望から、まずは東京ドーム公演が決定した。他の会場については現在交渉中。「京セラドーム大阪との交渉が決裂してまして」と正直に明かした。決裂の要因は、音の大きさや終演時間の問題もあるが、一番大きいのは振動の問題。「他のロックバンドでも無理なのに、うち(X JAPAN)が出来るわけないな、とは思ってたんですが」と言いながらも「オーケストラという武器もありますんで、静かな感じのことも考えています。諦めてないです」と久しぶりの地方公演実現に向けての熱意を強く表した。他にも、甲子園での開催も検討していることを明かした。昨年、母校が夏の全国高校野球選手権に出場した際に、高野連側から会場の混乱を懸念され、球場での応援を自粛するよう促されたという経緯があり、違ったかたちだが、リベンジを企てているようだ。

国内で開催されている自動車レースのシリーズとしては、日本一の観客動員数を誇るスーパーGT。その1チームである「童夢レーシングチーム」とYOSHIKIは、以前から接点があり、今シーズンのメインスポンサーに、YOSHIKIがエグゼクティブプロデューサーを務めるエナジードリンク「ROCK STAR」の就任も重なり、今回のプロジェクトが発足。X JAPANは以前、フォーミュラ・ニッポンのチーム・ルマンのスポンサーをし、タイトルを獲得した背景もある。YOSHIKIはもともと車好きで、レースの魅力について「僕も音楽をギリギリのところでやっているので、ギリギリの感じが好きですね」と話した。今回のプロジェクトについても「やるからには勝たないと!」とチームに気合いを入れ、可能な限りサーキットへ応援に行きたいという意向を示した。


Yoshiki組賽車隊出戰
12.02.2009 12:33       
 
【商台互動生活副刊組】上個月來港完成兩場演唱會的日本搖滾鼻祖X JAPAN,其隊長Yoshiki達成了海外演出的心願後,回到日本又有新搞作,但今次與音樂無關,他宣布與賽車製造商童夢合作,組成一隊全新賽車隊「Team Yoshiki &童夢Project」,將會出戰日本著名賽車活動「Super GT Series」。

Yoshiki今次與日本賽車名廠組成賽車隊伍,被視為日本賽車壇的「救世主」!皆因在現時經濟低迷下,日本賽車業困難重重,有不少車廠如本田、三菱等等,就因為資金問題決定不再參賽,因此,Yoshiki願意花錢在賽車壇上,日本賽車業十分感激他。而這隊「Team Yoshiki &童夢Project」的資金贊助,亦是由Yoshiki投資的另一項運動飲料「Rock Star」所出資,他今次可算是瞓身支持,怪不得賽車壇會視他為「救世主」了。

原來Yoshiki也不是第一次接觸賽車運動,早於1995至1997年,X JAPAN就曾經以樂隊的名義,贊助日本F3000方程式賽車的其中一隊車隊,可見X JAPAN眾人一早已對賽車十分支持。而「Team Yoshiki &童夢Project」車隊,將會於4月19日首次正式出戰,Yoshiki則表示:「既然參賽了,就必定要贏!」盡顯其爭勝的決心,不知他到時會否也落場客串一下呢?


X JAPAN、東京ドームは5月2日&3日に決定、大阪は…
2月11日、都内にてSUPER GTに参戦している童夢チームの新プロジェクト発表の記者会見が行なわれ、ドームチーム社長、監督、ドライバーと共に、チームプロデューサーとしてYOSHIKIが会見に臨んだ。

現在国内で開催されている自動車レースのシリーズとしては、日本一の観客動員数を誇るSUPER GTだが、その1チームである童夢チームのメイン・スポンサーとしてエナジードリンク『ROCK STAR』の就任決定が発表となった。

『ROCK STAR』のエグゼクティブプロデューサーを務めるYOSHIKIは、童夢チームのチームプロデューサーに就任、目標はもちろん「勝つこと!」と意気込みを語った。カーレース×ROCK STAR×音楽のコラボレーションで、SUPER GTに奇跡を起こす童夢チームの旗揚げともいえる発表会となった。

またYOSHIKIは、この場を借りてX JAPANの今後の活動も発表。まずは、公言通り東京ドーム2days公演を5月2日、3日に行なうことを明らかにした。

関西のファンから熱望されている大阪ドーム公演に関しては、「大阪ドームとは交渉が決裂しました。」と話したものの、実質的な問題が立ちはだかる中、会場側と引き続き交渉を続けていることにも言及、「大阪ドームが駄目なら甲子園でも」と、甲子園やユニバーサルスタジオとも交渉していることを明らかにした。関西のファンの期待に応えられるよう、最大の努力をしていく体勢を示したが、是非とも関西での開催の実現を願うところだ。 (Yoshiki表示會盡最大努力,讓X Japan在關西地方舉行演唱會)

現在、ワールドツアー真っ最中のX JAPANは、3月21日、22日には海外公演2発目となる韓国公演を控え、延期となったフランス公演や、北京「鳥の巣」でのコンサートも実現に向けて準備を進めているところだ。1月16日&17日、初の海外公演を香港で成功させたX JAPANには、世界中からの大きな注目が集まっている。


X JAPANが5月2日(土)、3日(日)に東京ドーム2デイズ公演を行うことが決定
2009-02-12 掲載
先月、香港にて初の海外公演を行い大成功を収めたX JAPAN。彼らが5月2日(土)、3日(日)に東京ドーム公演を実施することが決定した。
 
リーダーのYOSHIKIは今月11日、自身がプロデュースを務めることになった自動車レースのSUPER GT〈童夢レーシングチーム〉新プロジェクト発表記者会見に出席。同席上にて、X JAPANの今後の予定についても言及し、まずは当初の予定通り、5月に東京ドーム2デイズ公演を行うことを発表した。また、このほか大阪の京セラドームでもライヴを開催予定だったが交渉決裂したことを報告。現在は阪神甲子園球場を含め、さまざまな会場とも交渉を進めていることを明らかにしている。
 
東京ドーム公演のチケット発売日ほか詳細は後日発表されるとのこと。ファンは続報を楽しみに待とう。



X JAPAN、5月の東京ドーム公演決定
2009.2.12 17:26
YOSHIKIは1月16日に香港からスタートした「X JAPAN」の世界ツアーの日本公演について、「5月2日、3日に東京ドームでやります」と12日、発表した。

東京ドームは解散以前、毎年のように大みそか公演を開催し、昨年3月には再結成公演を行った思い出の地。日本のファンのために「世界ツアーで日本もまわれないかと考えていた」という熱い思いが実現した。

昨年、母校の千葉県立安房高校が春の甲子園に初出場した際、高野連の通達で応援が果たせなかった兵庫・甲子園球場での公演も交渉中であることを明かした。


YOSHIKI、スーパーGT“参戦”
ロックバンド、X JAPANのリーダー、YOSHIKI(年齢非公表)が11日、国内人気モータースポーツ「スーパーGTシリーズ」に“参戦”表明した。レーシングカーメーカーの童夢と「TEAM YOSHIKI&童夢プロジェクト」を立ち上げることを都内で発表。スポンサーも持ち込み、強力サポートすることを約束した。YOSHIKIが、世界的な不況で逆風が吹き荒れるモータースポーツ界の救世主になる!

猛烈な逆風に、真正面から立ち向かう。危機的な状況に陥った日本のモータースポーツに、YOSHIKIが救いの手を差し伸べた。

名門チーム、童夢とタッグを組む「TEAM YOSHIKI&童夢プロジェクト」の発表会見で、自身がプロデューサーを務める米国のスポーツドリンク「ROCK ST☆R(ロックスター)」をチームのメーンスポンサーに付けることをぶち上げた。その額、なんと5000万円は下らないという。

先月16日、X JAPANのワールドツアーをスタートさせ、世界制覇の夢へ一歩踏み出したYOSHIKIにとって、次なる夢がモータースポーツ“参戦” だった。かねてから親交のあった童夢の林みのる社長から今回のタッグを持ちかけられ、「音楽はギリギリのところでやっているが、レースもギリギリなところが好き」と呼応した。

実は、YOSHIKI率いるX JAPANは95年から2年間、フォーミュラカーレース、全日本F3000の出場チーム「チーム・ルマン」のメーンスポンサーとして支援した実績がある。

全日本F3000がフォーミュラ・ニッポンに変わった初年度の96年には、同チームのラルフ・シューマッハー(ドイツ)が年間王座を獲得。ラルフはF1ドライバーに巣立っていった。

今度はスポンサーからチームを“束ねる”プロデューサーに就任だ。「今回、話を受けた童夢も、子供のころからスーパーカーのメーカーとして知っていたし、だからタイアップすることにしたんです」と、サングラスの奥の少年のような瞳を輝かせた。

世界的な金融危機に端を発した景気の悪化を受けて自動車業界は逆風まっただ中。昨年12月にホンダが自動車レース最高峰のF1から撤退を表明。さらにスズキとスバルが世界ラリー選手権(WRC)から、三菱自動車もダカール・ラリーからの撤退を決めた。

だからこその参戦。YOSHIKIは「やるからには勝たなければいけない」と“勝負師”の顔をのぞかせ、4月19日に鈴鹿サーキットで決勝を迎える第2戦を手始めに、スケジュールが許す限り現場に出向いて応援することも表明した。

チームドライバーは昨季に続き、道上龍(35)と小暮卓史(28)が「ROCK ST☆R童夢(ホンダ)NSX」で、GT500クラスに参戦。道上が「勝ちます」と意気込めば、小暮も「YOSHIKIさんとともに戦えて光栄。昨季、一昨季と取り逃がした王座を今季こそ獲りにいきます」と決意も新たにした。YOSHIKIの参戦が、冷え切ったサーキットに春を呼ぶ。
TEAM YOSHIKIのペインティングが施された車を前に撮影に応じるYOSHIKI
TEAM YOSHIKIのペインティングが施された車を前に撮影に応じる(左から)小暮卓史、YOSHIKI、道上龍
TEAM YOSHIKIのペインティングが施された車を前に笑顔を見せるYOSHIKI


【SUPER GT】童夢、参戦体制発表…チームプロデューサーにYOSHIKI
2009年2月12日 
11日、童夢は「TEAM YOSHIKI&DOME PROJECT」記者発表を開催。今年、童夢は「SUPER GT」レースに、X JAPANのYOSHIKIをチーム・プロデューサーに迎え、参戦する。

YOSHIKIがエグゼクティブ・プロデューサーを務めているエナジー・ドリンクの『ROCKST☆R』もスポンサーとして参画することになり、童夢、YOSHIKI、ROCKST☆R、のコラボレーションが実現した。

YOSHIKIは、以前にフォーミュラ・レースのスポンサーをしていたくらい自動車レース好きで、童夢とそれなりの接点があったところ話が盛り上がって今回のコラボレーションになったという。

YOSHIKIのチームプロデューサー起用については、一般社会における認知度の飛躍的な向上を目指し、ちょっと華やかな展開を試みたとのこと。

チーム名は「TEAM YOSHIKI&童夢 PROJECT」、車両はホンダ『NSX』、ドライバーは、道上龍/小暮卓史の2名。先シーズン童夢は、ドライバーズランキング6位だった。

 
YOSHIKI加入超級車戰 獲贊助商大力支持
搜狐娛樂訊
搖滾樂隊X JAPAN的隊長YOSHIKI11日宣佈即將參加日本人氣賽車運動“SUPER GT 系列賽”的消息。據悉他將與著名廠商童夢聯手組成車隊,這項計畫被命名為“TEAM YOSHIKI & 童夢PROJECT”。這項計畫無異于為金融危機衝擊下面臨頹勢的日本賽車界注入了一支強心針,不少評論已經將YOSHIKI視為賽車界的救世主。
繼上個月16日X JAPAN世界巡迴演唱會啟動,對於踏出全球稱霸美夢第一步的YOSHIKI來說,下一個夢想便是參加賽車比賽。 
“音樂方面我喜歡做到極致的完美,正因為這樣,我也非常喜歡充滿了極限感的賽車運動。”在與童夢宣佈合作的發表會上,YOSHIKI還披露了獲得美國著名運動飲料ROCK ST☆R的車身廣告贊助,這筆費用就不下5000萬日元,可謂是馬力十足的一個起步。在音樂界有著強勢作派的YOSHIKI是否會掀起賽車界的一股狂潮,就讓我們拭目以待。


X Japan 東京巨蛋開騷
2009-02-13

【明報專訊】早前來港為世界巡迴演唱會揭開序幕的日本搖滾班霸X Japan,宣布將於5月2日及3日到東京巨蛋開騷,隊長Yoshiki又透露,由於跟大阪巨蛋方面談不攏條件,為了不想令關西歌迷失望,他們準備移師棒球賽「聖地」,兵庫縣的甲子園球場演出。

另一方面,近年日本賽車事業經營困難,Yoshiki卻斥資逾5000萬日圓(約港幣430萬元)贊助日本「童夢」車隊,Yoshiki前日出席車隊宣傳活動時表示,最愛賽車挑戰速度極限的刺激感。


YOSHIKI進軍賽車市場 攜美女現身發布會
新浪娛樂訊
北京時間2月13日,據日本媒體報道,搖滾樂隊組合X-Japan的隊長YOSHIKI近日進軍賽車市場,與賽車制造商童夢合作組成一隊全新賽車隊。而在2月11日,YOSHIKI更帶領一眾美女們現身賽車活動發布會 。

在2月11日召開的日本SUPER GT系列錦標賽發布會上,搖滾樂隊組合X-Japan的隊長YOSHIKI登場發表了參戰宣言,並與賽車制造商童夢共同制定了“Team Yoshiki &童夢Project”。這使YOSHIKI不僅得到了運動選手的支持,更有制造商作為強力後盾。在全世界都經濟不景氣的今天,YOSHIKI這陣逆風無疑將成為賽車界的救世主。
X-Japan今天剛于1月16日展開了世界巡回演唱會,對于雄心勃勃的YOSHIKI來說,下一個夢想便是征服賽車比賽。YOSHIKI說:“做音樂時我希望能夠做到盡善盡美。所以我對充滿極限挑戰感覺的賽車運動也十分喜愛。 ”在與童夢宣布合作的發布會上,YOSHIKI還披露說,此次他組隊參賽還獲得了美國著名運動飲料ROCK ST☆R的車身廣告贊助,這將為他們帶來至少5000萬日元的資金支持。
其實,X-Japan成員對賽車的關注早已是有目共睹。早在1995至1997年間,X-Japan就曾經以樂隊的名義贊助日本F3000方程式賽車的車隊之一。在談到自己新組的車隊時YOSHIKI信心滿滿的表示:“既然幹了那麼就一定要勝出。
另外,車隊車手道上龍與小暮卓史將以“ROCK ST☆R童夢NSX”的名義出征GT500大賽。道上龍堅定的發出必勝宣言,小暮卓史也表示:“能和YOSHIKI一起戰斗真的讓我感到非常光榮,本賽季一定會一雪前恥,登上冠軍寶座!”看來,YOSHIKI的參戰,確確實實為日本賽車界帶來了春意。 (布布/文)


X JAPAN确定东京演唱会日期 恰巧撞上hide忌辰
金鹰娱乐讯
日本视觉系乐队鼻祖X JAPAN的队长兼鼓手YOSHIKI,本月11日在东京举办了记者发表会,并在会上宣布计划今年5月2、3两天在东京巨蛋开演唱会,而5月2日恰巧是已逝成员hide的忌辰。

这天记者会上YOSHIKI首先透露自己代言的ROCK STAR,竟然成了SUPER GT的赞助商,YOSHIKI是众所周知的赛车迷,这项比赛一直是他从小的梦想,为此感到很高兴。

至于YOSHIKI一生的最爱也是他的老本行X JAPAN ...( ̄▽ ̄)||| ,则确定今年5月2、3日在东京巨蛋再次开唱。5月2日更是该团体去世多年的吉他手hide的忌辰。对此YOSHIKI感慨表示:“这虽然是偶然,不过太巧了。难道真是命运?每一次我们的团体都有所成长,会让大家看到不同于去年在巨蛋的表演。”

可惜此次谈成的只有东京巨蛋,YOSHIKI更苦笑着透露和大阪据单方面谈判破裂因此无法成行。但他同时强调并没有放弃在大阪的演出,正在和甲子园方面谈判。


 

相簿設定
標籤設定
相簿狀態