關於部落格
WE ARE X 所謂運命共同體
  • 101677

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    2

    追蹤人氣

 
X Legend
1964年
 12月13日 hide出生於神奈川縣橫須賀市緑が丘聖ヨゼフ病院,這個重2600g的小貝比名為松本秀人(Hideto Matsumto)
1965年
 10月10日 Toshi出生於千葉縣館山市,本名出山利三(Toshimitsu Deyama),公務員の三男として生まれる
 11月04日 Pata出生於千葉縣千葉市,本名石塚智昭(Tomoaki Ishizuka)
 11月20日 Yoshiki出生於千葉縣館山市,本名林佳樹(Yoshiki Hayashi)
1966年
 07月12日 Taiji出生於千葉縣市川市,本名澤田泰司(Taiji Sawada),弟は他に兄と妹が一人ずつ
1968年
 01月22日 Heath出生於兵庫縣尼崎市,本名森江博(Hiroshi Morie)
 04月01日 小hide進入英語教學的聖佳幼稚園就讀,發生了挖芋頭事件
1970年
  四歲的小Yoshiki開始學鋼琴
  兩歳的小Taiji誤觸了父母親的工廠裡的機器,導致右手中指第一個關節以上的部份被截斷
1971年
 03月 hide從幼稚園畢業
 04月01日 hide進入横須賀市立田戸小學,hide自此起學了六年的劍道,小學期間還發生了呼喚UFO的事件
  
  
11
. 
1974年
  小學二年級的Taiji第一次接觸到木吉他,三個月後的某次班會上成為Taiji吉他演奏初登場的舞台
  
  
 08月06日~21日 小學四年級的hide到美國和加拿大做過短期的留學生,hide本人不甚喜歡這段經驗
1977年
 03月18日 hide由横須賀市立田戸小學畢業
 04月01日 hide進入横須賀市立常葉中學,這期間他接觸了網球,過著平凡的國中生活
  此時的Yoshiki由母親帶去看了美國知名樂團在日本的公演,小六的Yoshiki第一次接觸到影響他音樂之路甚深的樂團 - KISS
1978年~1979年
  進入館山第三中學的Yoshiki與Toshi組成樂隊「Dynamite」,以練習披頭四與kiss的曲子為主,團員五人曾在學校文化祭演出,彼時Yoshiki為鼓手、Toshi擔任吉他
  中學的Taiji 両親が離婚し、母親が再婚したらしい)もあって、非行にはしる。本人曰く「中学3年までにケンカ、バイク、シンナー、女の類は全部やった」とのこと。初めて買ったレコードはジョン・デンバーの『スウイート・サレンダー』と自称していたが、実際は西城秀樹の『薔薇の鎖』であるとのこと
1980年~1981年
 hide由横須賀市立常葉中學畢業,4月進入逗子開成高校,在高中部繼續學劍道
本來想向學校的管樂社申請希望擔任單簧管,沒想到卻是擔任小號,hide因而退社走向他的吉他之路。
高中時期的hide接觸了”KISS”的音樂,也是在這個時候,由祖母那裡得到了生平的第一把吉他「Gibson」;高二組立了生平的第一個樂團「Saber Tiger
 Yoshiki與Toshi結成「Noise」樂團,原本的主唱倉田退出後,Toshi便成為主唱,他們參加過樂器行的「おたまじゃくしの會」活動,隔年Yoshiki與Toshi進入同一所高中,從高中時期開始正式的樂隊活動,但是Noise的團員更替十分頻繁,而固定班底總是只有Yoshiki與Toshi兩人
  
 Pata此時也在文化祭開始進行樂團的活動
1982年
 03月01日hide高中畢業,並且取得汽車駕照
 這年夏天「Noise」解散,以Yoshiki和Toshi為中心,另組了樂團「Psychedelic Violence Crime of Visual Shock」,簡稱「X」,並請開始嘗試自己作曲,像是I’ll Kill You。剛開始的團員有四個人,曾在學校文化祭演出《Highway Star》;Yoshiki和Toshi參加Yamaha主辦的比賽「East Wast」獲獎
 進入高中時期的Taiji在「Trash」樂團擔任吉他手的位置,千葉明徳高等学校に進学して、エレクトリックギターを始めロックにのめり込むようになる。同時にバンドも組み、アイアン・メイデンやレインボー、ディープ・パープル、キッス、モーターヘッド、LOUDNESS、子供ばんどなどのコピーにいそしむ。プロのミュージシャンになるため僅か一年で中退。この時、「トラッシュ」というバンドを結成(当時はギタリスト)。沢田の作ったオリジナルの曲でコンテストを勝ち抜いた。またベスト・ギタリスト賞も受賞
 兼任團長與吉他手,hide仍帶領著「Saber Tiger」,開始在橫須賀的live house「Rock City」演出
1983年
 04月01日hide進入好萊塢(ハリウッド)美容學校
 06月X在學校文化祭演出《We Are X》,以學生樂團而言,受歡迎的「X」在館山市地區已頗具名氣
 Pata加入「Black Rose」,這個樂團後來改名為「Judy」
 Taiji參加的樂團「Trash」解散
1984年
 高中畢業後,Yoshiki放棄進入音樂大學的機會,兩人領著band來到了東京,樂團開始在live house演出,發送宣傳dome tape《I’ll Kill You》(這是X自製發行的第一張單曲,DADA Records,一千張全部售完)、《Feel Me Tonight》,此時團員有Toshi、Yoshiki、Yuji(guitar* Yuji Izumisawa=Terry)  Tomo(guitar)以及Takuo(bass)五人
 03月17日hide由美容専門学校畢業,畢業時獲頒製作優秀獎
 04月01日hide進入好萊塢(ハリウッド)美容學校進修部
 05月27日

X參加第五屆「Japan Heavy Metal Fantasy Granmatal
Taiji加入樂團「Dementia」

  
1985年
 1月X第一次登上Fool’s Mate
 3月hide由好萊塢(ハリウッド)美容専門學校専門進修部畢業
 X的demo tape《Feel Me Tonight》
 4月X發送fans only的單曲《Endless Dream》
 Taiji (in Dementia)單曲《Dementia Live》,收錄了當年Dementia在live house "Explosion"中的live,當時Taiji以Ray之名稱於Dementia內任貝斯手
 Taiji退出「Dementia」加入「Prowler」,友人のバンド「ディメンシア」でベースをプレイした事がきっかけで、ベーシストへ転向。ディメンシア時代はRayという名を名乗っていた。その後、ディメンシア脱退後はプローラーに加入するも、リーダーのセイブン (Vo)と反りが合わずライブを一度も行うことなく脱退。また家も勘当され、一時期渋谷のラブホテルで住み込みのアルバイトをして暮らしていた(Xのメジャーデビュー後のライヴに両親を招待し、和解したらしい
 
 06月04日X發送live demo《1985.6 X Live》
 06月10日X live 目黑鹿鳴館
 06月26日X live 神阪Explosion
 06月28日X live 神阪Explosion
 06月29日X live 神阪Explosion
 7月Saber Tiger發行單曲《Saber Tiger》、Taiji 参加作品「Live!」  (DEMENTIA)
 08月06日hide通過國家考試,取得美容師執照
 10月團員Hally、Taiji(第一次)加入X
 10月04日X live 神阪Explosion:Last GIG
 11月發行的合輯《Heavy Metal Force III》中,收錄了X的”Break The Darkness”以及Saber Tiger 的”Vampire”; Jun加入X
 11月20日X live 目黑鹿鳴館:Yoshiki's Birthday GIG
 Taiji加入「Fatima」
 Pata的樂團「Judy」解散
 12月Jun、Taiji退出X,新團員Zenon、Hikaru加入
 12月03日X live 目黑鹿鳴館
1986年 
 01月10日X live 四谷Fourvally;Zen退隊,Jun(Shu)再度加入
 Taiji在「Dead Wire」樂團
 為與札幌的同名樂團作區分,hide的樂隊由Saber Tiger改名為Saver Tiger,在live合輯《Devil Must Be Driven Out with Devil》裡即以Saver Tiger的名義參加,這張專輯收錄了後國分寺MORGANA/夜鶯鹿鳴館/大宮furikusu/夜鶯LIVE STATION/浦和NARCISS/橫濱7th AVENUE等地的演出
 02月X的demo tape《X》發行
 04月X自製的第二張單曲《オルガスム》EP發行,2500枚限定,由Yoshiki自組的公司Extasy Record製作
 04月10日X live 橫濱7th Avenue
 04月12日X live 浦和Narciss
 05月13日X live 大阪Bahama
 05月15日X live 大阪Candy Hal
 05月17日X live 大阪Yanta鹿鳴館
 05月18日X live 大阪堺市Judy
 05月19日X live 大阪Sensus Hall
 06月05日X live 涉谷Lamama
 06月08日X live 國分寺Morgana
 06月19日X live 目黒鹿鳴館
 06月20日X live 浦和Narciss
 07月05日X登上雜誌「Burrn」1986年8月號
 07月25日X live 神阪Exprosion
 07月27日Jun、Toshi、Yoshiki參加「元気が出る」ヘビメタ最強の男を探せ(重金屬最高之男),此應為X最早的電視節目演出
 07月30日X live 築波29Bar
 08月02日X live 大阪Sensus Hall
 08月05日X登上雜誌「Burrn」1986年9月號
 08月10日X live 松戶Stage V
 08月16日X live 函館あうん堂
 08月18日X live 札幌Studio Messe
 08月20日X live 旭川Studio 9
 08月23日X參加北見夕焼け祭り
 09月X參加電視節目「上海紅鯨團」的演出(CX電視台)
 09月05日X live 浦和Narciss
 09月09日X live 涉谷Lamama
 09月20日X live 浦和市民會館:Big Shot 2
 10月Yoshiki與Toshi參加「天才たけし」,兩人出演NTV的秋季運動會,這個節目在11月9日播放,Yoshiki以gray.yoshiki、Toshi以ozzy.akira的名字參加
 10月06日X live 大阪Sensus Hall:Tokyo Trash
 10月08日X live 大阪Candy Hall:Tokyo Trash
 10月25日X live 目黑鹿鳴館,此次演出後Hikaru、Jun退出
 11月Toshi與Taiji參加電視節目「上海紅鯨團」(CX電視台)
 Heath加入「Paranoia」樂團
 11月06日X live 大阪Sensus Hall
 11月12日X live 目黑鹿鳴館
 11月16日X Live目黒鹿鳴館:爆發寸前GIG,Taiji第二次入團
いくつかのバンドを渡り歩いた後にXへと正式加入。当時沢田はXの音楽性が自分に合わず加入するつもりはなかったが、YOSHIKIの熱心な誘いを受けるうちに「この人となら音楽以外の何かでもできそうだ」と感じ、音楽性を変えることを条件にXに加入することになったと語っている(1992年に雑誌「Fool's Mate」でのインタビューから)。その後一度脱退しているが、また戻ってきている。この時のXは、インディーズの頃からメンバーに課せられる出費が大きく、とてもアルバイトでは追い付かなくなり、身の回りの物を売り払ってまでお金を用意していた。ひどい時は電気を止められ、食べる物を買うお金がなくなり、コンビニエンスストアでパンを盗んで飢えをしのいでいた
 11月24日X live 大宮Freaks:Metal Shop "Hard Night"
 12月29日X live 大阪Candy Hall:Super Metal Revolution vol 2 "Rock Through The Night",吉他手Satoru參與演出
 12月30日X live 大阪Candy Hall:All Night GIG
  
1987年
自這一年起X開始以Yoshiki-drummerToshi-vocalhide-guitarPata-guitarTaiji-bass的組合展開樂隊活動
 01月 Isao加入X
 0107 X 登上雜誌「Rockin’f」1987年2月號
 01月28日 隨著團員的離隊,Saver Tiger在目黒鹿鳴館舉行解散live
 02月 Taiji 参加的作品「Skull Thrash Zone(オムニバス)
  hide加入X,由於交通意外,X的吉他手Isao退團,Pata偶爾友情贊助,X時期的五人成員漸成形
 03月21日 參加Various Artists合輯《Skull Thrash Zone Volume 1》,收錄了X的”Stab Me In The Back”及”No Connexion”(Victor Record VIH-28284)
 在NTV電視台「天才たけしの元気が出るテレビ」這個節目中演出やしろ食堂,演奏Orgasm,Taiji表演了噴火,hide擔任吉他,首次以後來的五人陣容出現在電視上;此外,還參加「Heavy Metal Live In Yashiro」放送 。
 04月10日 X Live 神阪Explosion
 Pata正式加入,X開始以上述五人的組合在舉行live,這也是hideX加入X後的第一個live舞台
 04月14日 X Live 豐島公會堂
 04月18日 X Live 豐島公會堂
 04月25日 X Live 大阪Sensus Hall
 04月29日 X Live 目黑鹿鳴館
 05月17日 「Skull Thrash Zone紀念GIG」名古屋Flex Hall
 05月18日 X Live 大阪Yanta鹿鳴館
 05月19日 X Live 大阪堺市Judy
 05月20日 X Live 大阪Sensus Hall
 05月25日 X Live 大阪Sensus Hall (L.O.X)
 05月30日 X Live 大阪Yanta鹿鳴館
 06月07日 X Live 館山商工會館「Band Explosion’87」
 07~08月 拍攝「Tokyo POP」以及Xclamation、Stab me in the back、紅的video
 07月18日 X Live 目黑鹿鳴館
 07月25日 X Live 目黑鹿鳴館,首次的「One Man GIG」
 08月06日 X Live 岸和田會館
 08月07日 X Live 大阪Bourbon House「One Man GIG」,現場發送200枚「Xclamation」宣傳錄影帶
 08月26日 X Live 目黑鹿鳴館
 08月29日 X Live 目黒鹿鳴館,抽選200名入場觀眾贈送「Xclamation」錄影帶
 08月30日 X Live 京都Sports Valley「Rock Monsters August」
 11月23日 X Live 目黒鹿鳴館「One Man 2Days」
 11月24日 X Live 目黑鹿鳴館「One Man 2Days」
 11月29日 X Live 大阪Bourbon House「Wink Tour」
 11月30日 X Live 神戸Chicken George「Wink Tour」
 12月02日 X Live 京都Vivre Hall「Wink Tour」
 12月03日 X Live 豐橋Kagoya Hall「Wink Tour」
 12月13日 Live 大阪Bourbon House「Metal Express’87」,Yoshiki (Piano GIG)、Toshi參加
 12月23日 X Live 崎玉會館Big Hall「Heavy Metal Days Extra」
 12月26日 X參加SONY Audition'87決戰大會,X沒有對外釋出這次參加選秀的消息,就登臺演出《Dear Loser》、英文版的《kurenai》和《Xclamation》,CBS頒給了X”值得栽培獎”的優秀新人獎,這段記事收錄於Yoshiki《蒼血的微笑》
 12月29日 X Live 目黒鹿鳴館「Dynamite Year End Party」
 12月31日 X Live 目黒鹿鳴館「Wink Tour」,X首次在鹿鳴館舉行Count Down Live
1988年
 
 01月 Fan Club再編發行長15分鐘的《Xclamation》錄影帶
  雜誌「Rockin’f」1988年2月號
 01月10日 X Live 中野公會堂「Metal Indies 2」
 01月15日(2.26) X受邀為橫濱石橋樂器行舉辦開幕簽名會,現場集結超過500名的fans造成場面失控
 01月24日 L.O.X Live 豐島公會堂
 02月 X參加Color的第一張專輯「激突」發行
 03月22日 X Live 豐橋Kagoya Hall「Vanishing Tour」
 03月24日 X Live 廣島Woody Street「Vanishing Tour」
 03月26日 X Live 神戸Fishdance Hall「Rock Monster Vol.4」
 03月28日 X Live 京都Big Bang
 03月30日 X Live 大宮Freaks
 04月02日 X Live 新宿SF Live Theater
 04月03日 X Live 前橋Rattan
 04月04(14)日X1stアルバム「VANISHING VISION」をリーダーのYOSHIKI自ら設立したインディペンデント・レーベル「EXTASY RECORDS」からリリース(オリコン最高位19位)
インディーズ・チャート上位に長期ランクインする記録的ロングセラー・アルバムとなりインディーズ・アルバムとしては初めてメジャーチャートにランクインする 後にピクチャー盤・CD化をリリース
第一張專輯《Vanishing Vision》發行(Extasy Records EXL-001),由自組的唱片公司Extasy Records發售,獲得Indies排行榜第一名,初回限定的10,000張錄音帶全部完賣,在地下音樂的排行榜上長期居於銷售量排行榜前位,創地下樂團最暢銷的記錄(『總之那陣子(錄音期間)每天都是灰色的啊!』by hide)
 04月17日在新宿UK Edison舉行《Vanishing Vision》發售紀念簽名會,パニックとなり中断
 05月05日 X Live 京中野公会堂,首場的「One Man Tour」,動用800名工作人員維持場外秩序
 05月07日 雜誌「Rockin’f」1988年6月號
 06月02日 X Live 「Vanishing Tour Tokyo 4days」目黒鹿鳴館,六月開始在日本各地20多場live的「Vanishing Tour」,動員了約6000名的工作人員,刷新了全國演唱會現場動員人數的紀錄
 06月03日 X Live 目黒鹿鳴館「Vanishing Tour Tokyo 4days」
 06月06日 X Live 渋谷Egg-Man「Vanishing Tour Tokyo 4days」
 06月07日 X Live 渋谷Egg-Man「Vanishing Tour Tokyo 4days」
 06月10日 X Live 大阪御堂会館「Vanishing Tour」
 06月13日 X Live 広島Woody Street「Vanishing Tour」
 06月14日 X Live 広島Woody Street「Vanishing Tour」
 06月16日 X Live 小倉In & Out「Vanishing Tour」
 06月17日 X Live 博多Be-1「Vanishing Tour」
 06月19日 X Live 松山Crazy Hall「Vanishing Tour」
 06月29日 X Live 前橋Rattan「Vanishing Tour」
 07月01日 X Live 横浜7th AVENUE「Vanishing Tour」
 07月02日 X Live 大宮Freaks「Vanishing Tour」
 07月04日 X Live 名古屋Flexhall「Vanishing Tour」
 07月05日 X Live 豊橋Kagoya Hall「Vanishing Tour」
 07月07日 X Live 沼津松乃會館「Vanishing Tour」
 07月16日 X Live 金沢Vanvan V4「Vanishing Tour」,當天在飯店發生了「蟑螂事件」
 07月17日 X Live 新潟Woody「Vanishing Tour」,傳說中缺氧又熄燈的live
 07月19日X Live 仙台Morning Moon「Vanishing Tour」
 07月20日X Live 青森1/3 Free Space「Vanishing Tour」,這裡住了一堆可愛的老爺爺與老奶奶(?)這時的LIVE演唱在TOSHI的MC中到底發生了什麼事呢?
 發生了在北海道的推車事件
 07月22日 X Live 札幌Messe Hall「Vanishing Tour」
 07月23日 X Live 札幌Messe Hall「Vanishing Tour」
 07月24日 X Live 札幌Edison「Vanishing Tour」以及簽名會
 07月25日 X Live 旭川Studio 9(Machi Hall)「Vanishing Tour」,這天live熱烈的程度從安可曲後Yoshiki像發狂似的昏倒在地,穿著當時live的服裝、頂著海膽頭,就被載去醫院的情況看來就可以知道
 07月26日 X Live 北見夕焼祭り「Vanishing Tour」
 08月

 與CBS/Sony Records正式簽約,自此以後X正式入主主流市場(『要讓世界上更多的人聽到我們的音樂』by Yoshiki);並開始策劃第一張大碟《Blue Blood》,全員為創作而合住於河口湖,共歷時八個月,在這之間發生了床被立起來的事件
 11月,《寶島!VOS vol‧9》收錄了9月4日「Kyoto Sports Valley’88」live演出的Vanishing Love、Orgasm以及Yoshiki在錄音室的interview
11月12日 「Street Fighting Men」MZA有明
12月27日 
日本電視臺播放「從頭到尾特別LIVE」的演出 這天在電梯內YOSHIKI和GOBUNS的森若香織剛好一起搭乘,YOSHIKI心中 想著對初次見面的森若香織想好好介紹一下自己「我是X的團長YOSHIKI」, 但因頂著一個自由女神的頭在行禮時卻一直刺到森若的身體 日後森若在上電視節目曾那來做話題,而揭露此事.
12月31日 (live)「All Night Metal Party」目黒鹿鳴館,隊員帶了年糕來參加

 

 08月27日 X Live 「Heavy Matal Days vol.7」崎玉公會堂
 09月04日 X Live 「京都 Sports Valley’88」雨中的演唱會,是傳說中的live (在「VOS9號」號中有收錄)
 10月08日 X Live 「Burn Out Tour’88」大宮Freaks,X全国ツアー"BURN OUT TOUR"スタート
 10月09日 X Live 「Burn Out Tour」豐橋かごや Hall
 10月11日 X Live 「Burn Out Tour」2 days 大阪Bourbon House
 10月12日 X Live 「Burn Out Tour」2 days 大阪Bourbon House,這兩天會場呈現爆滿狀態,很多fan因而缺氧昏倒
 10月14日 X Live 「Burn Out Tour」福岡Be-1
 10月15日 X Live「Burn Out Tour’88」熊本Yellow StudioVideo Concert
 10月17日 (TV) 在名古屋的中京電視台「ラジオでごめん」中第一次演出,錄影時全員都因喝醉而發酒瘋,Yoshiki還在攝影棚內拿着乾冰到處亂噴造成混亂,Taiji在自我介绍的時以很可愛的語氣說”Taijiだよ~ん”(我就是Taiji喲~)……胡鬧的下場就是遭到了制作人非常嚴厲的指責,以至於第二天的演出機會只有Yoshiki和Toshi而已,這次的主持人是久本雅美
 10月18日 X Live 「Burn Out Tour」名古屋Heart Land
 10月20日 X Live 「Burn Out Tour」仙台CAD Hall
 10月22日 X Live 「Burn Out Tour」秋田Forus Morning Moon
 10月23日為了接下來的live團員們進駐札幌當地的飯店,但是在札幌的飯店住了一晚後被趕出去了, 飯店的事件 由TAIJI親眼目睹的情況是,在睡覺時聽到樓下好像有流氓在恐嚇的聲音, 「什麼 事啊」下樓看了看,因飯店櫃檯人員態度不好HIDE非常生氣,就座在櫃檯上對飯 店的人說教 更厲害的是還把房間弄得亂成一團,踢垃圾桶,好像還將東西丟出窗外,當然最後 全部都有賠償,在隔天大約有3名客人(不知是誰)換到別的飯店住
 10月24日 X Live 「Burn Out Tour」3 days 札幌Messe Hall
 10月25日 X Live 「Burn Out Tour」3 days 札幌Messe Hall
 10月26日 X Live 「Burn Out Tour」3 days 札幌Messe Hall
 10月30日 X Live 「Burn Out Tour’88 Final」川崎CLUB CITTA'
 11月14日イベント "STREET FIGHTING MEN" MZA有明
 12月31日目黒鹿鳴館オールナイトメタルパーティにヘッドライナーで参加
1989年
 01月01日 1989
年底的live之後,大家從元旦開始連續喝了2天,還把hide家的門給弄壞了,Yoshiki把貯藏櫃打破一個洞;第2天Pata家也無法倖免於難,據說陽臺也遭了殃
  Taiji 参加作品「The Innergates(個人参加)
 01月(06)08日 發售3月16日演唱會的預訂票,兩個小時完售
 
 01月29日 發售4月25日大阪演唱會門票,30分鐘完售
 02月04日 (TV) 在中京電視台「週六五點MAGAZINE」中表演紅,Taiji受到大竹誠稱讚「很帥耶」,被問到去年情人節收到幾個巧克力時,回答”嗯,2個”
 03月06日 (TV) 崎玉電視「Sound Super City」,Toshi缺席
 03月13日 X Live 「Blue Blood Tour」群馬縣民會館
 03月16日 在涉穀公會堂初次舉辦Hall Concert,現場收錄於《刺激1》 ,發送非賣品video《Thanx~愛をこめて》
 03月25日 X Live 「Flower Festival」館山(露天舞臺)
 03月29日 寶島Event Inkstick「Club Wanderland / Rock Tokyo Collection’89春」芝浦工廠
 03月31日  在日本各地132場,展開長達一個月的Film GIG
 4月 發送宣傳用的錄影帶《X、現わる》,總長約30分鐘 (CBC/Sony)
 04月06日 (TV) Yoshiki、Toshi参加「なんだわけ天国」,Yoshiki爆走打了Toshi
 04月21日 專輯《Blue Blood》發行,初登場便是日本唱片排行榜Oricon的第四位,X正式出道,入主主流音樂
 04月22日 X Live 「Blue Blood Tour」 Club Citta川崎
 04月25日 X Live 「Blue Blood Tour」大阪厚生年金會館
 04月26日 X Live 「Blue Blood Tour」廣島縣民文化中心
 04月28日 X Live 「Blue Blood Tour」熊本郵電儲蓄會館
 04月29日 X Live 「Blue Blood Tour」富岡都久志會館
 04月30日 X Live 「Rock Wave’89」名古屋三重縣長島
 05月02日 X Live 「Extasy Summit’89」目黒鹿鳴館,首次的無敵Band演唱會
 05月06日 X Live 「Blue Blood Tour」仙台Izumitei 21
 05月08日 X Live 「Blue Blood Tour」札幌道新會館
 05月10日 X Live 「Blue Blood Tour」青森市民文化館
 05月16日 發行錄影帶《Thanx愛》
 05月27日 (TV) 靜岡第一電視臺「ジャンサタ”」,錄影時觀眾暴增,連電視公司的員工、製片人、經理都跑來看
 06月01日

 第一支live video《爆發寸前GIG》發行 (42LH241(LD) , 42ZH241(VHS) , 42QH241(Beta))

 06月03日 X Live 「Blue Blood Tour」長野NBS Hall,初次公開演出Rose Of Pain
 06月05日 「Blue Blood Tour Special Big GIG」愛知縣勤勞會館
 06月06日 「Blue Blood Tour Special Big GIG」大阪厚生年金會館
 06月07日 X Live 「Blue Blood Tour」金澤教育會館
 06月10日 X Live 「Blue Blood Tour」日比穀野外大音楽堂,現場收錄於《刺激2》和《紅》、《Endless Rain》的pv中。
 06月13日 X Live 「Blue Blood Tour」新瀉音樂文化會館
 06月 為了拍攝與錄製作業,全員遠度重洋到了歐洲與美國,Yoshiki在倫敦和法國進行創作,TAIJI廚藝出色篇:TAIJI做飯真的很拿手。在LA的時候,所有MEMBERS和STAFFS們的晚飯都是由TAIJI負責弄的。當大家想吃拉麵的時候就去買了一個很大的鍋,做了一鍋的拉麵大家一起吃。TAIJI的廚藝真的是很不錯的啊~~~
 06月29日 Toshi赴美國紐約
 06月30日 Taiji前往美國洛杉磯,在這段期間Taiji紋身右臂
 07月02日 hide與Pata到洛杉磯與Taiji會合
 07月07日 上述三人前往紐約與Toshi會合
 07月08日 hide與Pata參觀紐約近代美術館;Toshi則到尼加拉瓜做短途旅行
 07月09日 hide與Pata觀看了「The Who」的重組live;Toshi旅行到了自由女神像一站;Taiji單獨自助觀光
 07月10、11日 在紐約拍攝、錄影
 07月12日 Toshi回到日本
 07月13日 hide、Pata與Taiji三人與EZO成員聚餐
 07月14日 hide與Pata到Middletown看Metallica和The Cult的live;Taiji的右手臂上又刺了青
 07月15日 Taiji回到日本;Yoshiki到紐約與hide、Pata會合
 07月19日 Yoshiki、hide跟Pata三人也回到了日本
 07月22日 X擔任在崎玉會館舉行的「Heavy Metal Kids」嘉賓
 07月29日 宣佈獲得TBS有線大賞最佳新人獎的提名
 07月30日 X Live 「Pop Rockets’89 In Green Wlord」新瀉湯澤中央棒球場
 08月02日 X Live 「Live On Stage vol.2」MZA有明
 08月07日  (TV) Toshi、hide與Pata參加了崎玉FM電視台的午夜特別節目「Nack5」
 08月11日 Yoshiki枕膝事件
 08月16日 接受HYP採訪
 08月12(17)日 X Live 「Pop Hill’89」金澤
 08月19日 X Live 「The Rock Kids ‘89」河口湖富士急遊樂園
 08月20日 X Live 「Rock’ roll Olympic」仙台宮城縣Sport Land Sugo
 08月25日 (TV) X第一次登上「Music Station」,演唱kurenai
 08月27日 X在京都Sports Valley的「Rock Monster X Special」因颱中止
 08月28日 X Live 首次的「大魔人5人組」大阪am Hall
 08月29日 X Live 「Extasy Summit」目黑鹿鳴館
 08月30日 (TV) X在NHK有試聽會,Toshi謊稱Taiji感冒(…其實是去韓國旅行了),只好表演了卡拉OK!(爆)
 09月01日 第一張單曲《紅》發行,初登場第五位,這張單曲收錄了翻唱T-Rex的”20th Century Boy”;同時”Rose & Blood Tour”也即將於月底展開
 09月08日 
 09月11日 
 09月12日 拍攝《Endless Rain》pv
 09月17日 X Live 「Rock Monster X Special」京都Sports Valley
 09月19日 
 09月23日 
 09月24日 
 09月27日 
 09月28日 X Live 「Extasy Summit’89」涉穀公會堂
 09月29日 X Live 「Rose & Blood Tour」浦和市民文化中心
 10月01日 X Live 「Rose & Blood Tour」仙台電力館
 10月02日 X Live 「Rose & Blood Tour」盛岡教育會館
 10月04日 X Live 「Rose & Blood Tour」山形縣民會館
 10月05日 X Live 「Rose & Blood Tour」秋田兒童會館
 10月09日 (TV)「Sound GIG」東京電視台
 10月10日 X Live 「Rose & Blood Tour」大阪厚生年金會,當日的live大家合唱了生日歌
 10月12日 X Live 「Rose & Blood Tour」川崎產業文化會館
 10月14日 X Live 「Rose & Blood Tour」櫪木會館
 10月17日 X Live 「Rose & Blood Tour」大阪厚生年金會
 10月19日 X Live 「Rose & Blood Tour」岡山市文化會館
 10月20日  (TV) 參加「Music Station」演唱kurenai 朝日電視台
 10月21日 X Live 「Rose & Blood Tour」神戶市文化會館
 10月26日 X Live 「Rose & Blood Tour」熊本郵電儲蓄會館
 10月27日 X Live 「Rose & Blood Tour」長琦平和會館,此場是追加live
 10月30日 X原本在福岡Momochi Palace的live tour,因為Yoshiki身體健康狀況不佳而中止延期
 10月31日 X Live 「Rose & Blood Tour」廣島郵電儲蓄會館
11月02日 X Live 「Rose & Blood Tour」愛知縣民文化會館
 11月04日  (TV)「5satマガジン」,12月播放了拍攝的Yoshiki、Toshi和大竹真實的會談
 11月05日 X Live 「Rose & Blood Tour」名古屋市公會堂
 11月07日 X Live 「Rose & Blood Tour」群馬音樂中心
 11月08日 X Live 「Rose & Blood Tour」水戸市民會館,Yoshiki在drum soolo後站起來時暈倒了,演唱會中止延期
 11月11日 X Live 「Rose & Blood Tour」長野縣民文化會館
 11月13日 X Live 「Rose & Blood Tour」富山縣民會館
 11月14日「Rose & Blood Tour」中止延期
 11月16日「Rose & Blood Tour」中止延期
 11月22日 X Live 「Rose & Blood Tour」涉穀公會堂演出時Yoshiki倒下,使得從11月23日起至12月27日的Rose & Blood Tour通通中止延期
 11月30日 X Live 「Extacy Summit’89」目黑鹿鳴館,除了Yoshiki之外全員都有參加
 12月01日 第二張單曲搖滾抒情名作《Endless Rain》發行,初登場公信榜第三位,是電影「Ziping」的片尾曲,收錄的”X”是6月10日在日比穀野外大音楽堂的演出
 12月 Taiji (baki)專輯《The Innergates》
 12月14日 X以Endless Rain奪得大阪電視台「第22屆全日本有線大賞最佳新人獎」
 12月30日 X Live 「Extacy Summit’89」目黑鹿鳴館
 12月31日 獲得年度Oricon排行榜新人單曲銷售量最高的成績
 video《刺激~Visual Shock vol‧2》發行
1990年
 01月26日  (TV)「Music Station」,演唱Endless Rain
 02月04日 X Live 日本武道館「Rose & Blood Tour再開」,Yoshiki復活live....................
 02月15日 拍攝《Week End》pv
 03月06日 X Live 「Rose & Blood Tour」(11月23日的演出更替) 涉穀公會堂
 03月09日 X Live 「Rose & Blood Tour」(12月21日的演出更替) 名古屋市公會堂
 03月12日 第四屆日本金唱片大賞(Gold Disk),X獲得年度新人大獎(New Artist Of The Year) 與最佳新人獎
 03月23日 X Live 「Rose & Blood Tour」(11月29日的演出更替)郡山市民文化中心
 03月28日 X Live 「Rose & Blood Tour」(12月24日的演出更替)新瀉產業文化中心,全員以聖誕老人裝上場,連演奏起《Orgasm》也有聖誕歌的感覺
 04月02日 「Rose & Blood Tour」(11月14日的演出更替)福井文化會館
 04月04日 X Live 「Rose & Blood Tour」(12月22日的演出更替)石川厚生年金會館
 04月09日 X Live 「Rose & Blood Tour」(11月27日的演出更替)札幌市民會館
 04月11日 X Live 「Rose & Blood Tour」(11月25日的演出更替)青森市民會館
 04月17日 X Live 「Rose & Blood Tour」(10月30日的演出更替)福岡Momochi Palace
 04月20日 X Live 「Rose & Blood Tour」福岡市民會館
 04月21日 第三張單曲《Week End》發行,初登場第五位 ,”Endless Rain”收錄2月04日在日本武道館的live
 04月23日 X於川崎Club Citta展開live活動
 04月27日 (TV)「Music Station」,演唱Week End
 04月28日 Yoshiki、Toshi參加5時SAT ロックウェーブ前夜(春天的電影智力測試合戰)
 04月29日 X Live 「Rock Wave '90」名古屋莊內綠地公園
 05月07日 X Live 「Rose & Blood Tour Final」日本武道館
 05月09日 X Live 「Rose & Blood Tour Final」(12月26、27日的演出更替)日本武道館
 05月17日 X Live 「Rose & Blood Tour Final」大阪城Hall
 05月25日 (TV)「Music Station」,演唱Unfinished
 06月 六月開始為了下一張大碟做準備,樂團活動休止,Yoshiki為了《Art Of Life》而把自己關在家裡兩個禮拜,在這個期間在LA也發生了有趣的”雲霄飛車事件”
 09月01日

 第三張Video《刺激~ Visual Shock vol 2‧5 Celebration》發行 

 11月24日 全員前往美國洛杉磯進行專輯的錄製工作,直到翌年6月
 另外,在這一年創刊的「SHOXX」(雜誌名稱取自shock而來),hide在雜誌上提出了”visual系”這個名詞,是現在稱作”視覺系”的由來
 12月18、19日 影像演唱會《X Film GIGS 血染與薔薇》於東京灣NHK Hall開催,儘管團員本人都不在國內,但在這2日內超過了15000的觀眾,X的Film GIGS演出直至翌年4月為止
 12月 於年底獲得日本有線大賞有線音樂優秀獎
1991年
 02月02日 「X Film GIGS血染與薔薇」青森市民文化會館
 02月03日 「X Film GIGS血染與薔薇」岩手教育會館
 02月04日 「X Film GIGS血染與薔薇」秋田產業會館
 02月07日 「X Film GIGS血染與薔薇」浦和市文化中心
 02月10日 「X Film GIGS血染與薔薇」(長)野市民會館
 02月11日 「X Film GIGS血染與薔薇」松本社會文化會館
 02月12日 「X Film GIGS血染與薔薇」山梨縣民會館
 02月15日 「X Film GIGS血染與薔薇」福島市公會堂
 02月16日 「X Film GIGS血染與薔薇」仙台伊豆(izumitei)
 02月17日 「X Film GIGS血染與薔薇」櫪木會館
 02月18日 「X Film GIGS血染與薔薇」水戶市民會館
 02月20日 「X Film GIGS血染與薔薇」宮崎Mrt Hall
 02月21日 「X Film GIGS血染與薔薇」鹿兒島市民文化會館
 02月22日 「X Film GIGS血染與薔薇」長崎市民會館
 02月23日 「X Film GIGS血染與薔薇」大分產業會館
 02月25日 「X Film GIGS血染與薔薇」熊本Merubaruku Hall
 02月26日 「X Film GIGS血染與薔薇」福岡Merubaruku Hall
 03月01日 「X Film GIGS血染與薔薇」新瀉縣民會館
 03月02日 「X Film GIGS血染與薔薇」富山縣民會館
 03月03日 「X Film GIGS血染與薔薇」石川厚生年金會館
 03月05日 「X Film GIGS血染與薔薇」福井市文化會館
 03月07日 「X Film GIGS血染與薔薇」高松市民會館
 03月08日 「X Film GIGS血染與薔薇」愛媛縣民文化會館 Sub Hall
 03月10日 「X Film GIGS血染與薔薇」高知RKC Hall
 03月11日 「X Film GIGS血染與薔薇薇」德島鄉土文化會館
 03月12日 《刺激~Visual Shock vol 2‧5 Celebration》在第五屆日本金唱片大賞獲得“Music Video賞”
 03月13日 「X Film GIGS血染與薔薇」京都會館第二會館
 03月14日 「X Film GIGS血染與薔薇」神戶國際會館
 
 03月15日 「X Film GIGS血染與薔薇」靜岡市民文化會館
 03月18日 「X Film GIGS血染與薔薇」札幌市民會館
 03月19日 「X Film GIGS血染與薔薇」旭川市公會堂
 03月20日 「X Film GIGS血染與薔薇」北見經濟中心
 03月22日 「X Film GIGS血染與薔薇」大阪厚生年金會館
 03月23日 「X Film GIGS血染與薔薇」名古屋市民會館
 03月25日 「X Film GIGS血染與薔薇」德山市民會館
 03月26日 「X Film GIGS血染與薔薇」岡山市民文化會館
 03月28日 「X Film GIGS血染與薔薇」廣島メルバルク Hall
 04月06日 「X Film GIGS血染與薔薇Final」Club Citta川崎
05月07日 在LA召開記者招待會,hide帽子很可愛
06月05日 結束將近七個月的錄音工作之後,hide、Taiji、Pata回國,超過一萬名的歌迷和記者在成田機場接機
06月07日 Yoshiki,Toshi回國;參加「Music Station」演出Silent Jealousy
06月16日 東京巨蛋演唱會門票開始販售,五萬張座位兩個小時內完售
  
 12/12 Yoshiki Selection (SRCR-8670)
1992年
  スターライトYOSHIKI (タカラ)リカちゃん人形シリーズ初の実在する人物がモデル
1/18背徳の瞳 ~Eyes of Venus~ (V2)(ESDB-3266)
1/31Taiji脱退
3/25V2 Special Live Virginity 1991.12.5 (LD:ESLU-355,VHS:ESVU-355, Betamax:ESUU-3355)
 東芝EMIと1992年に初のソロ契約。翌年に東芝EMIよりクィーンのロジャー・テイラーと「Foreign Sand」をリリースした
4Taiji加入LOUDNESS
6Taiji 参加作品「LOUDNESS (LOUDNESS)
10シングル「made in HEAVEN」
11/21アルバム 「made In HEAVEN」
12月18日V2 東京ベイNKホールでV2のLIVE「V2 SPECIAL LIVE VIRGINITY」開催した
1993年
 4/21 Eternal Melody (TOCT-6994~5)
 Toahi與Night Hawks と共にソロコンサートツアー
 Toshi演出ロックオペラ「ハムレット」にハムレット役で主演。この時、ヒロインのオフィーリア役としてオーディションで選ばれたのが、当時アイドルタレントでのちに妻となる守谷香(守純かおりの名で出演)
Toshi演出鎖歌劇「哈姆雷特」哈姆雷特角色主演。這個時候,作為女主人公的Ophelia角色試聽被選了的,當時偶像演員到以後妻子的用守谷香(守純Kaori的名演出)
 Toshiアクト・アゲインスト・エイズに参加,薬害エイズ事件により1993年4月4日に19歳で死去した青年・岩崎孝祥が、生前にTOSHIを描いた油絵に触れたのがきっかけだった、日本のフォーク、ロックのカヴァーを披露した
6/1Foreign Sand (YOSHIKI & ROGER TAYLOR)(TODT-3253)
 Larme(ラルム) YOSHIKIのプライベートブランド。香水と下着を発売
 Taiji參加作品「Once And For All(LOUDNESS)
11/3AMETHYST (TODT-3130) 、今を抱きしめて (NOA)(FHDF-1329)
11Taiji退出LOUDNESS
 紅白Tears,オールナイトニッポン1998年5月9日放送で本人が発言、同時にhideが父親と同年齢で亡くなった事に対する複雑な心境を吐露していた
1994年
 PLATINUM RECORDS 1994年にポリグラムグループとプロデューサー契約を結び設立。GLAYなどがこのレーベルからメジャーデビューした
PLATINUM RECORDS 1994年與多克小組締結製片人契約成立。GLAY等從這個唱片公司較大的初次亮相
  
6/1RAIN (GLAY)(PODH-7002) 、Toshi Night Hawksとコラボレーションし、複数のシングルとアルバム『MISSION』,ギタリストと作曲には後の茶々丸が参加、Xとはまた違ったハードロック作品とな,「Bless You」「Always」「Looming」などが収録
6/21Kiss My Ass: Classic Kiss Regrooved (PHCR-1245)
7D.T.Rを結成、Taiji參加作品「Dirty Trashroad、Dirty Trashroad Acoustic(D.T.R)
1995年
 3/29 Toshi アルバム『GRACE』,全曲の作詞作曲のいずれかに携わり、それはアコースティックギターを取り入れたカントリーポップ調の作品であった,「さよならの季節に…」や「asphalt jungle」などが収録
5Taiji參加作品「Daring Tribal Roar(D.T.R)
11Taiji參加作品「Kings(Kings - 青木秀一、Sgt.ルーク篁III世参謀、宮脇“JOE”知史とのプロジェクト)
1996年
  
8Taiji參加作品「Drive To Revolution(D.T.R)
 D.T.R事実上の活動休止。ほぼ同時期に経済的な理由で妻とは離婚。以降、約2年に渡って放浪生活を送る。この頃は、ホームレス状態だったという。ホームレス状態の時喧嘩をし前歯を折られるなどの被害に遭う
11/4Yoshiki Selection II (POCH-7004) 
1997年
 1/22Toshi アルバム『碧い宇宙の旅人』,これまでの商業路線から一転、本格的にヒーリングを取り入れた作品となった(この作品を契機に、自身の方向性が決まったという
2/14Toshi與守谷香と4年の交際を経て入籍
4Toshi向L.AのYOSHIKIを訪ね、X JAPAN 脱退を表明
6/21Toshi「LIVE is BEST 」
8/6moment (西城秀樹)(BVDR-1177) 、Begin (北野井子)(AVDD-20251)、薔薇と緑 (北野井子)(AVDD-20263)
12/31東京ドームにてX JAPAN 解散ライブ「THE LAST LIVE〜最後の夜〜」
1998年
 4/22Toshi專輯  壊れた世界でカナリアは歌う(TOSHI with 葉加瀬太郎 & His Super Band) 
Toshi ヴァイオリニストである葉加瀬太郎とコラボ。Toshi with 葉加瀬太郎名義で、アルバム『CANARY(壊れた世界でカナリアは歌う)』,ヴァイオリンとシンセサイザーを大きく取り入れたデジロック調の本作も、またこれまでと異なる作風となった
5hideの葬儀に出席しTaiji、久々に旧友たちと再会を果たす。その後、彼らの支援によって活動を再開する。やがてCloud Nineを結成するも、Cloud Nineでは出来ないアコースティックな音楽も志向しているという理由で間もなく脱退。(しかしメンバーとは良好な関係を続けていた。)その後音風を結成してギターとベース・ギターを兼任で在籍。音風には、ボーカリストとして実妹のMASAYOも在籍
6/24Toshi 專輯SINGLE SELECTION SACRIFICE
 Toshi參加NHKBS番組「世界悠々」に旅人として出演。MASAYAの「君はいないか」「森と風の旅人」がテーマ曲となる。MASAYAをプロデューサー/コンポーザーとして迎え、レムリアアイランドレコードから「愛の詩をうたいたい」をリリース。一部週刊誌に『TOSHIは洗脳された』と報道される。TOSHI側は自分の利権をめぐり、TOSHIの実兄がしかけた捏造であると主張しているが、兄側はこれを否定している。テイチクへ移籍。MASAYAプロデュースのシングル作品『君はいないか』(作詞作曲もMASAYA)をリリースした
 9Taiji參加作品「Cozy Powell Forever (トリビュート) 
1999年
  
1/20アクロの丘 (Dir en grey)(AMDM-6268)、残-ZAN- (Dir en grey)(AMDM-6269) 、ゆらめき (Dir en grey)(AMDM-6290)
3/25Toshi 愛の詩をうたいたいメ
ジャーシーンから一線を退き、レムリアアイランドレコードへ移籍。シングル及び、アルバム『愛の詩をうたいたい』(プロデュース・作詞作曲MASAYA)をリリース。コンサート会場及び自身のホームページの通販にても販売する。ツアーの会場は、主に老人ホームや商店街やスーパーだった。色んな場所で歌える事が幸せと話しているが、トラックの荷台がステージだった時はさすがに驚いたという
 
3月Toshi「詩旅」(うたたび)と称してトーク&ライブで全国をまわり始める
  
5/1hide TRIBUTE SPIRITS (PCCM-00002)
5/26cage (Dir en grey)(AMDM-6291)
7/14予感 (Dir en grey)(AMDM-6300)
 天皇陛下御即位十年をお祝いする国民祭典で奉祝曲「Anniversary」を御前演奏した
12/25Toshi Toward the way 新たなる道へ  ※通販初回分には直筆サイン入りメッセージカードが付属していた
2000年
 1~3ヤフーオークションにX JAPAN時代の愛用品や紅白歌合戦出演のトロフィーなどを出品。理由は、金欠だと後に語る 
 
春に今上天皇主催の園遊会に母親と共に出席し、今上天皇より『あなたが(在位十年記念式典で)ピアノを演奏してくれたんですね?』とお声を掛けられた際、「光栄です」と答えていた。この模様はその後にテレビの皇室番組でオンエアされ、そのときのインタビューでも「(一緒に出席した)母親に親孝行ができた」と語っていた。ちなみに、参加者は胸にネームプレートを付けていたが、そこには「YOSHIKI」ではなく、本名の「林 佳樹」の名前が記載されていた
 Toshi 「ボランティアミニコンサート」として、通常のコンサートの合間に地域の老人、障害者、児童などの福祉施設や、ホスピス、少年院、刑務所等全国津々浦々8000ヵ所を越える場所を訪れた
4Taiji 伝説のバンド「X」の生と死―宇宙を翔ける友へ」徳間書店
6/30Toshi「 INOCHI…」
  Columbia Music エンタテインメントと契約
 EXTASY JAPAN メディアファクトリーの出資を受け設立、イーストウエストジャパン(当時)と流通契約する
7/3Yoshiki參加電視節目フジテレビ系「バスストップ」,第1話に本人役としてカメオ出演
7/5Pearl (Shiro)(EXJ-1)
7/14深紅の花 (工藤静香)(EJCJ-80001)
7/26LR-7 (BEAST)(AMCM-4491)
8/23Happy Driving (Revenus)(EXJ-2)
9/27chemical (BEAST)(AMCM-4494)
2001年
  
2Taiji參加作品「1st Demonstration(Cloud Nine
2/7千の瞳 (Revenus)(EJCJ-80003)
4/11VISION (BEAST)(AMCM-4529)
4/30Toshi「自分~抱いてやりたい~」
5/9Flower (Revenus)(EJCJ-80004)
2002年
   
4/3Yoshiki參加電視節目 NHK総合 第1回「わたしはあきらめない」
9月1日globeに電撃加入。globeでの活動はマキシシングル「seize the light」のリリースのみである。のちにYOSHIKIを加えた活動時にはユニット名が「globe extreme」になることが発表された
11/27seize the light (globe)(AVCG-71032)
11/30Toshi「Perfect Love」
12月3日・4日
 東京国際フォーラムにて「YOSHIKIシンフォニックコンサート2002 featuring VIOLET UK」開催
2003年
  
2/10Yoshiki參加電視節目 NHK BS-hi 第12回「いま裸にしたい男たち ~YOSHIKI 沈黙の5年 そして復活~」
10/29I'LL BE YOUR LOVE (DAHLIA)(COCA-50768)
2004年
  宝塚歌劇花組公演「TAKARAZUKA舞夢!」で使われた「世界の終りの夜に」を作曲
2/21Toshi「雨の中のあの日の僕」
  Taiji參加作品「音風(音風
4/30紀藤正樹弁護士らにより、栃木県黒磯市(現那須塩原市)の株式会社トシオフィス(代表取締役出山利三)事務所で児童虐待があると告発されたToshi
5/25Toshi「世界がひとつであれば  」
 「YOSHIKIカレー『キレ辛』」を通信販売。かつてYOSHIKIが、食べたカレーが辛かったことに腹を立ててリハーサルをボイコットした事件が元ネタとなった
12Toshi「詩旅~美しき町へ」
12/15Scorpio (TRAX)(AVCD-30639
2005年
   Taiji バイク事故を起こし足の靭帯を切断するほどの大怪我を負う。手術費用工面のため、フェンダーのベースをインターネットオークションに出品する事になる
 
3月23日ETERNAL MELODY II (COCP-33130~1)
3月24日愛知万博の開会式において、公式テーマソング「I'LL BE YOUR LOVE」のオーケストラ演奏でタクトを振る
3/30YOSHIKI Symphonic Concert 2002 with Tokyo City Philharmonic Orchestra featuring VIOLET UK (COBA-4385)
4/20Rhapsody (TRAX)(AVCD-30719)
5/30Yoshiki參加電視節目 フジテレビ 「HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP」
7/4児童虐待の刑事告発に対して、宇都宮地方検察庁から嫌疑なしの不起訴処分の決定が出る。TOSHIはこの件の告発を行った者、また紀藤正樹弁護士に対して、名誉毀損、営業妨害などの非を問い、民事訴訟を起こしているが、紀藤正樹弁護士らも、TOSHI及び株式会社ホームオブハートのMASAYAこと倉渕透らを、名誉毀損により提訴しており、現在も裁判中である。また同弁護士につき第二東京弁護士会に対して懲戒請求をし、現在審議中である。同弁護士は、自身の告発により保護された子供たちからも懲戒請求をされている。同様に山口貴士弁護士に対しても懲戒請求がなされていたが、東京弁護士会により、懲戒しないという決定が出された(2007年3月現在)
2006年
  
  
4月10日長編アニメーション映画「ベルサイユのばら」の音楽を担当することを発表
7/30再びD.T.Rの活動を再開、個人としては初となるオフィシャルサイトがオープン。そして、シルバーアクセサリーブランド「DTROCKERS」を立ち上げる
 
8月親交の深いミュージシャンGacktとバンドS.K.I.N.を結成
8月5日

メリーランド州ボルチモアで開催された、東海岸最大のアニメコンベンションイベント「OTAKON 2006」に特別ゲストとして招かれる

2007年
1/2 Yoshiki參加電視節目 TBS「新春もズバリ言うわよ細木 vs 超豪華有名人!炎の3時間!衝撃鑑定大連発SP」
1Toshi「詩旅」を終了。同時に、それと関係した商品の販売も終了。現在アルバムはiTunes Storeで全曲配信されている
1/24Yoshiki參加電視節目 TBS「世界バリバリ★バリュー」,スタインウェイ フルコンサートピアノ。カーネギーホールで使われていたものを買い取り、所有スタジオで使用している。通常の新品だと1台1,000万円程だが、著名なアーティストのサインが多数入っており、現在では値段がつけられない
2/10Toshi自身のオフィシャルサイトにて、X JAPAN再結成への話し合いを進めていることを明らかにした
2/26株式会社ホームオブハートのセミナーに参加した女性が損害賠償請求を提起した事件で、東京地方裁判所は、「許容される余地のない違法行為で、精神的拷問に等しい」としてホームオブハートと共に株式会社トシオフィスにも1540万円の賠償命令という判決を下した
3株式会社トシオフィスは東京地方裁判所による判決に対して「虚偽により捏造された内容を鵜呑みにして出された不当判決」であると即刻控訴したToshi
3/13紀藤正樹弁護士、その他2名により刑事告訴されていた名誉毀損について東京地方検察庁から不起訴処分の決定が出た。これにより、紀藤弁護士らのTOSHI、及びTOSHI関係者、関連会社に対する刑事告発、刑事告訴は、すべて不起訴処分となった
3/21自身のオフィシャルサイトにて、アメリカ、ロサンゼルスのYOSHIKIを訪ね、およそ10年ぶりに共に演奏したことを明らかにし、YOSHIKIとのプロジェクト、新曲のリリースの動きが進行していることをほのめかした
 5月25日、26日ロサンゼルスのWiltern Theaterで開かれたイベント『J rock festival』を主宰
6/13HOLIDAY SHINJUKUにて開催された元COLORのMARRYの追悼GIG「6.14 Memorial LIVE TOKYO」にゲスト出演。RAPESの新谷の呼びかけによるものである事をブログで明かしている。Taijiステージで「何故ここに来たかと言うとMARRYは友達だから。MARRYの事が好きだから」とMCをした
9月20日2008年公開予定のハリウッド映画「Repo! The Genetic Opera」の音楽総監督・製作総指揮・主題歌制作を務めることを表明
10Taiji Cloud Nineより、ベーシストのMARUが脱退したため、Cloud Nineに期間限定で電撃復帰。期間限定とはいつまでなのかは詳しいリリースがない為、現時点では定かではない。その前後でD.T.Rサイトのリンクから沢田泰司公式ページへのリンクが削除された(メンバーページには沢田の名前写真が残っている)為、D.T.Rでの活動の行方も定かではない
 
10/22『I.V.』のPV撮影
2008年
 1Toshiオフィシャルサイトが大幅にリニューアルされ、それまでソロ活動中は一切載ることのなかった『X JAPAN』の文字が掲載された 
1/13Yoshiki參加電視節目 日本テレビ「行列のできる法律相談所」,同番組のオークション企画で、Forever Loveを作曲したときの楽譜および原曲CDを出品し、落札金額をカンボジアにおける学校建設のため寄付した
2/25Toshiヒーリングワールドから全18曲4枚組「TOSHI HEALING 愛の詩をうたいたい」のベストアルバムをリリース,TOSHI HEALINGとして代表作の「愛の詩をうたいたい」「大空を飛ぶ鳥のように」の再録音バージョンを含む癒しの音楽のベストアルバムを発表
3月11日日本テレビ開局55年記念ドラマ「東京大空襲」の主題歌として、書き下ろしの新曲「愛する人よ」を秋川雅史に提供と表明
 EXTASY A Music
2008年、「I.V.」全世界同時発売時に設立
 Taiji 映画「attitude」で音楽監督を務める。自身のブログでは大仁田厚氏へ楽曲提供を行うことも発表された
3/25Toshi「TOSHI BEST Ⅰ~愛の詩をうたいたい」、「TOSHI BEST Ⅱ~Perfect Love」
3/28~31東京ドームにて3夜連続のX JAPAN復帰コンサート
4/1Toshiヒーリングワールドから新曲としてマキシシングル「EARTH IN THE DARK~青空にむかって」をリリース。また、オリコンモバイルでも(着うた、着うたフル)配信開始。着うたフル1位を記録
4/2Toshi写真集「EARTH IN THE DARK」発売(ワック出版
5/2hide memorial gig
5/3hide memorial summit
5/4X JAPANとしてhide memorial summit(hide十周忌追悼ライブ
5/12Toshi都内で写真集発売イベントに参加
6/11Toshiアメーバスタジオにて“エコハードロック”をコンセプトにしたロックバンド、TOSHI with T-EARTHの結成を発表した。同時に同バンドのギタリストとして元PhantasmagoriaのJUNとしゃるろっとの十夜の加入が発表された。6月29日にはドラムとして元La'cryma ChristiのLEVINの加入も発表された。LEVINはTOSHI with T-EARTH ZEPP TOUR 2008 SUMMER ~EARTH SPIRIT~の名古屋公演、札幌公演、仙台公演に出演する予定。また、7月1日に、ドラマーとして元LUNA SEAの真矢が同ツアーの大阪公演、福岡公演、東京公演に出演を予定していることが発表される。7月21日、ベーシストとしてしゃるろっとの琉華の加入が発表される
7/25Toshi單曲世紀~JIDAI~、Beautiful World
8Toshi携帯電話の無料ゲームサイト、「モバゲータウン」の有名人コーナーに参加する
8/2韓国で行われた「釜山ロック・フェスティバル」に出演
8/8EARTH SPIRIT (TOSHI with T-EARTH)
8/9Xのインディーズ時代に数多くライプを行った目黒鹿鳴館にて、国内初公演としてToshi NET会員限定のプレミアムライブを行った。このライブにはJUNも参加し、ドラムは真矢だった
 
9/30Repo! The Genetic Opera
相簿設定
標籤設定
相簿狀態