關於部落格
WE ARE X 所謂運命共同體
  • 101436

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    訂閱人氣

[新聞]hide逝世十年紀念活動

 

悼念HIDE演唱会如期举办 DJOZMA尴尬忘词
4月3日,为纪念在1998年逝世的日本摇滚乐团X JAPAN吉他手HIDE的追悼演唱会“hide memorial summit”在东京味之素剧场举行,共有11个乐队组合以及艺人参加。
第一个出场的是日本当红乐队DJ OZMA(听歌),他们集体染了一头粉红头发登场。据说DJ OZMA还是HIDE的忠实粉丝,在现场他们演唱了一首HIDE的《everfree》,但是非常尴尬唱错歌词。他们当场就低头向在天国的HIDE表示歉意说:“我们现在真的非常恐慌。对不起。”
此外,一向担任鼓手的YOSHIKI当晚拿起吉他演奏,与月之海(LUNA SEA)的鼓手真矢合作。而X JAPAN的主音TOSHI、月之海的主音河川隆一与特别嘉宾T.M. Revolution西川贵教(听歌),三人一同唱出X JAPAN的代表曲《X》,再次掀起全场的高潮。
最后的压轴曲目为《hide with Spread Beaver》,现场乐队合着HIDE生前的影像资料演出,令现场达到了沸腾的高潮。(布布/文)


hide with Spread Beaverが追悼ライブで10年ぶりの再結成 3万人のファンを魅了

10年ぶりに再結成したhide with Spread Beaver 10年ぶりに再結成したhide with Spread Beaver 


ロックバンド・X JAPANのギタリストで98年に亡くなったhide さんの追悼ライブ『hide memorial summit』の初日公演が3日(土)、東京・味の素スタジアムで開催され、>、hide with Spread Beaverが10年ぶりに再結成し、ラストを華やかに締めくくった。ステージ中央に設けられた巨大モニターにはhideさんの映像が常に映し出され、当時の“フルメンバー”が3万人のファンを魅了すると、ベースのCHIROLYNは「10年、20年、100年経とうが俺らの心にhideは生き続けてる。また会えるから楽しみにしてて」と再会を誓った。 
今年の3月での東京ドーム公演で再結成したX JAPANの後は、hide with Spread Beaverの復活だ。hideさんを慕うDJ OZMA、、RIZE、マキシマム ザ ホルモン、T.M.Revolutionら出演アーティストの想いを受け止め、ラストバンドとしてステージにhide with Spread Beaverのメンバーが現れると、この日一番の歓喜の悲鳴が会場を包み込み、Spread BeaverのINAは温かい歓迎に「松本秀人(hideさんの本名)と愉快な仲間たちが10年ぶりに集まりました」と喜びを語った。 
「ROCKET DIVE」「PINK SPIDER」「TELL ME」など代表曲を披露し、さらにゲストとしてX JAPANのギタリスト・PATAを招いて「CELEBLATION」を演奏するなど、メモリアルにふさわしいコラボレーションを含めた全8曲でフィナーレを迎えた。 
全11アーティストが集結した『hide memorial summit』は4日(日)にも同所で開催され、X JAPAN、LUNA SEA、DIR EN GREYら10アーティストが共演を果たす。

 

 


 

DJ OZMA、hideファンにビビって…歌詞忘れちゃった!
hideさんへの熱い思いをちりばめたステージで会場を沸かせたDJ OZMA。脱ぎ芸も健在だった=東京都調布市(撮影・春名中) 
hideさんへの熱い思いをちりばめたステージで会場を沸かせたDJ OZMA。脱ぎ芸も健在だった=東京都調布市(撮影・春名中)
2日に没後10年を迎えたX JAPANのギタリスト、hideさん(本名・松本秀人、享年33)を追悼する音楽祭「hide memorial summit」が3日、東京都調布市の味の素スタジアムで開幕した。約3万人の大歓声の中、DJ OZMAやT.M.Revolution(38)ら11組が熱唱。総制作費10億円の豪華イベントの幕を切ったOZMAは、hideさんの熱狂的ファンにビビリまくりだった。
日本を代表するお騒がせパフォーマーも、熱狂的なhideさんファンにはお手上げだった。
この日、OZMAはアフロ頭を赤く染め、サングラスに迷彩柄の衣装を着込むなどhideさんを彷彿させる装いで登場したが、髪を立たせ赤やピンク色に染め上げた“本物”の熱狂的ファンを前に緊張したようで、hideさんの楽曲「EVER FREE」を歌唱する際に歌詞を忘れるハプニングが。
OZMAは「みんなに謝らないと。完全にパニック起こしちゃったよ。hideさん、すみません。オレ、新しい歌詞書いちゃいました」と平謝り。会場のファンから「大丈夫だよ!」と声援が飛ぶと「実はオレ、ちょっぴりビビってた。お前らにやられるんじゃないかと思った。こんな気持ちは中学2年生以来だよ」と本音をこぼして笑わせた。
朝から降り続いていた雨もファンの願いがhideさんに届いたのか、開演間際にピタリと止んだ。プロデューサーのYOSHIKIが会見で明言した通り、イベントは午後2時にオンタイムで開始されたが、客入れ途中で客席は半分程度しか埋まっていない状況だった。それでもOZMAは「こんなスゲーイベントでトップバッターやらせてもらえるなんてないじゃん」と感激しきり。
ラスト7曲目の「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」では、hideさんの象徴でもあるイエローハート柄のパンツ1枚で歌い踊り、最後までテンションアゲアゲのステージを展開。お祭りライブに天国のhideさんも爆笑したに違いない。
★サプライズでPATA登場
特に盛り上がったのは大トリのhide with Spread Beaver。hideさんがX JAPAN解散後の平成10年に結成したバンドで、生前のhideさんの映像&肉声と生演奏をリンクさせてヒット曲「ピンクスパイダー」など8曲を披露。「CELEBLATION」では、追悼盤「Ja, Zoo」に参加したX JAPANのギター、PATAが参戦し、会場を盛り上げた。イベントは4日も同所で。X JAPAN、LUNA SEAら11組が出演する。2日間の模様は5日午後4時からWOWOWで放送される。

 


 

RIZE hideさんに敬意込め熱唱 
元X JAPANのギタリスト・hideさんをしのんだイベントライブ「hideメモリアルサミット」が3日、東京・調布市の味の素スタジアムで開幕、RIZEは自身もシングル曲としてカバーした「hide with Spread Beaver」の「ピンクスパイダー」を披露した。hideさんへの敬意を込め、深々と一礼してから歌ったボーカル・JESSE(27)は「日本にもかっこいい曲があることを若いやつにも分かってもらいたくてカバーした。RIZEじゃなくてhideさんがかっこいいんだぜ」と、亡き先輩への熱い思いを吐露していた。

 


 

トップバッターDJ OZMA トップレスで登場 
元X JAPANのギタリスト・hideさんをしのんだイベントライブ「hideメモリアルサミット」が3日、東京・調布市の味の素スタジアムで開幕、イベントのトップバッターを務めたDJ OZMAは、アフロヘアをピンクに染め、衣装も迷彩服というhideルックで登場。いきなり観客の度肝を抜いた。「ロックンロール精神にのっとり、最後までアゲ♂アゲで行くことを誓います」と力強く宣誓し「hide with Spread Beaver」の楽曲「ever free」など7曲を披露。「あこがれのhideさんのイベントで、トップバッターができるなんて思ってもみないじゃん」とOZMA節で感激を伝えていた。

 


 

「hideメモリアル」最終日もヒートアップ
超満員で盛り上がるHIDE MEMORIAL SUMMIT=味の素スタジアム 98年に33歳で亡くなった元X JAPANのhideさんの没後10年を記念したイベントライブ「hideメモリアルサミット」の最終日公演が4日、東京・調布市の味の素スタジアムでスタートした。
この日はLUNA SEAやX JAPANが登場するとあって会場には約5万人のファンが集まった。メーンステージのオープニングを務めたディル・アン・グレイの登場に会場は早くもヒートアップ。「DOZING GREEN」など9曲の熱いパフォーマンスにヘッドバンキングでこたえていた。

 


 

hideは永遠…メモリアルサミット開幕 
1998年に33歳で亡くなった元X JAPANのギタリスト・hideさんをしのんだイベントライブ「hideメモリアルサミット」が3日、東京・調布市の味の素スタジアムで開幕した。ステージにはDJ OZMAやRIZEらhideさんをリスペクトするアーティストが登場し祭りを盛り上げた。ラストでは「hide with Spread Beaver」も登場し、ファンの心を10年前に引き戻していた。
98年5月2日に亡くなってから10年。hideさんを慕うアーティストたちがステージに集まった。DJ OZMA、RIZE、マキシマムザホルモン、T.M.Revolutionらが、それぞれステージからhideさんへの思いを語った。
プロモーションビデオやライブなど、hideさんの過去の映像を駆使する形で復活した「hide with Spread Beaver」。「ROCKET DIVE」や「ピンクスパイダー」などのヒット曲を含む8曲を披露。96年10月、東京・代々木第一体育館で行われたツアーファイナル公演でhideさんが「お客さんたちは遊び足りない。遊ばせろー!」と呼び掛けた映像が流れると、この日集まった約3万人のファンが大歓声で応えていた。
ベースのCHIROLYNは「10年たとうが、20年たとうが、100年たとうがhideはおれたちの心の中に生き続けてます」とファンの気持ちを代弁した。
イベントのプロデューサーでもあるYOSHIKI(年齢X)は、この日ステージには登場しなかったが「やりたいヤツだけついてこい!!またhideと一緒に暴れるぞー」と気合十分のコメントを発表した。4日のステージには、昨年一夜限りの復活を果たしたLUNA SEAやX JAPANが登場する。

 


 

X JAPAN hide没後10年、3次元仮想世界でも大規模追悼祭
~hide没10年、セカンドライフでの追悼祭開催中
ロックバンド「X JAPAN」にギタリストでミュージシャンのhideさんが、他界してから10年が経った。GW中の5月3日-4日にはメンバーたちによる10周年追悼コンサートが行われる予定。また、角川モバイルが、動画配信サイト「iムービーゲート」にhideさんの特設サイトをオープンするなど話題となっている。そんな中、3次元仮想空間「セカンドライフ」内では、10日間に渡るhide の追悼祭「Gate of Psychommunity ~ 壊れた時計が話しかけるよ ~」を開催している。
~hideへの思いをバーチャル献花会場で~
hideさんのお墓(神奈川県の三浦霊園)に足を運んで祈りをささげたいが、難しいというファンの人たちも多いだろう。セカンドライフでは、献花会場を設けており、日本中、世界中からネットアクセスさえ可能であれば、献花できるようになっている。さっそく訪れてみた。
期間 : 2008.5.1(THU) ~ 2008.5.10(SAT) 10日間
場所 :
Shinobiya land SIM - Gate of Psychommunity 特設会場
~HIDEモデルのギターとスペシャルネイルを配布~
ファン同士のコミュニケーションを広げる場として活躍しそうなのが、カフェ 『Cafe La Psycence 2008edition』だ。期間限定でのオープンとなり、HIDEモデルのギター展示が行われている。来場者向けに、まぼろしのギターやセカンドライフのネイルブランドとして知られる 「CaNDy NaiL」による限定ネイル(写真アバターが付けているもの)を無料で配布している。hideファンは喉から手がでるアイテムだろう。
~セカンドライフアーティストたちによるライブも開催 残りは5月9日10日~
ライブイベントとして、セカンドライフアーティストであるDJ、バンドなどが集結してスペシャルイベントが行われている。5月1日にオープニングイベントを開催、9日、10日の夜に「hide祭り」ライブが予定されているので、要チェックだ。
~生前のhideの意思をついで骨髄バンクチャリティも~
また、Gate of Psychommunityでは、骨髄バンク支援において活動を続けたhideさんの思いや遺志を継いで、(財)骨髄移植推進財団の協力のもとチャリティーを同時開催している。アバターは、1リンデンドルから、募金ができる。このセカンドライフ内のチャリティで募った全額が、財団に送られるという。
~セカンドライフへの登録がまだ?hideの追悼祭への参加方法~
このイベントに参加するには、セカンドライフへの登録を済ませ、ビューアのインストールが必要となる。
。インしたら、会場slurlをクリックしてビューザ中に地図が表示されたら、テレポートを押すと会場に付く。まったくの初心者は、以下の登録サイトのひとつから入り、それぞれのチュートリアル(日本語)動作などを少し慣らしてからがおススメ。

 


 

節目の没後10年…hideさんファン集結

川崎のクラブチッタはhideさんの追悼フィルムコンサートにわきかえった
Photo By スポニチ
 

 

 

 

 

 

 

 

98年に死去した「X JAPAN」の元ギタリストhideさん(享年33)の命日の2日、ゆかりの場所にはファンが続々と集まり、故人をしのんだ。今年は没後10年の節目。神奈川・川崎クラブチッタでは約3000人を集めてフィルムコンサート。同県三浦市の墓前には約2200人が足を運び、不滅の人気をみせつけた。3日からは東京・調布市の味の素スタジアムで追悼公演が行われる。
毎年盛大にイベントが行われてきたメモリアルデーも、ファンにとって今年は特別だった。
生前、開催を当日に発表して公演するなど、縁が深かったライブハウス、川崎クラブチッタ。記念館の「hide MUSEUM」(神奈川・横須賀市)が05年9月に閉館してからは、命日と誕生日(12月13日)にイベントが行われてきた。真っ赤な長髪かつらをかぶったhideさんルックのファンがずらり。一方で例年とは違い、外国人ファンも多く見られた。フランス人の学生、リリスさん(19)はこの日来日し「X JAPANが大好きで来た。X JAPANのコンサートや関連イベントは全部見たい。hideさんはインターネットで過去の映像を見て格好いいと思った」。熱心な日本人ファンに交じって映像を見入った。欧米では日本のビジュアル系ロックバンドがブームを迎え、中でもX JAPANは中心的な存在。イベント関係者によると、昨年あたりから欧米人の来場者が急増しつつあるという。フィルムコンサートは昼夜2公演。遠方から駆けつけたファンも多く見られ、福岡から夜行バスで来たフリーターの中嶋瞳さん(23)は「10年たって、そろそろ現実(hideさんの死)を受け入れないといけないと思って来ました」と話した。宇都宮から駆けつけた主婦の火群(ほのむら)真弓さん(26)は「つらい時期に夢中にさせてくれて、救ってくれた。お礼が言いたかった」と感慨深げだった。hideさんの墓がある三浦霊園にも例年より多くのファンが足を運んだ。午後5時の閉門時点で昨年の1300人を大きく上回る2200人が参列。午前8時52分の死亡時刻には居合わせたファンが黙とうをささげ、閉門以降も花束を持った人であふれた

 


 

hideさんしのぶ音楽祭に3万人集まる

hideさんの大きな写真をバックに熱唱するDJ OZMA(左)
Photo By スポニチ

 

 

 

 

 

 

 


人気ロックバンド「X JAPAN」のギタリストで、10年前に33歳で死去したhideさんをしのぶ音楽イベント「hide memorial summit」が3日、東京都調布市の味の素スタジアムで開かれ、3万人のファンが集った。
イベントには、hideさんにゆかりのあるバンド、ミュージシャンが出演。生前の映像を使ってhideさんが“参加”する場面もあった。ステージわきに故人の大きな写真が飾られ、客席には、ピンク色に髪を染めてhideさんのファッションをまねたファンもいた。
千葉県習志野市の男子大学生(18)は「本当にhideさんが生きているみたいに感じた。今でもかっこいい人です」と話していた。
hideさんは1998年5月2日に死去。東京・築地本願寺での葬儀・告別式にはファン数万人が訪れ、後追い自殺する若者が出るなど“カリスマ”の死は社会的に大きな反響を呼んだ。
イベントは4日も開かれ「X JAPAN」「LUNA SEA」などが出演する。

 


 

hideさんの弟「ファンにありがとう」
hideさんの弟で、音楽会社「ヘッドワックスオーガナイゼーション」社長の松本裕士さん(40)はスポニチ本紙の取材に「きょう(2日)も朝5時に(兄の)墓に行ってきました。毎年多くのファンに集まっていただき、大変ありがたく思っています」と話した。
例年命日の追悼イベントはにぎわいを見せ、00年に開館した「hide MUSEUM」もファンの支えがあって、閉館が予定より2年延長された。「本当に感謝という言葉しかありません。何万というファン、スタッフにこれだけ思われて、hideも幸せだと思います」。事務所には今でもファンからhideさんへのメッセージが届く。「10年たってもまだ死を受け入れられずに前に踏み出せない方がいます。きょう(2日)を含めた3日間の追悼イベントで、そういう方にも最後は笑ってもらいたい。そう願っています」と語った。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

OZMA パンツ一丁でhideさん追悼

トップバッターで登場した「DJ OZMA」
Photo By スポニチ


98年に亡くなった「X JAPAN」のギタリストhideさん(享年33)の追悼公演が3日、東京・調布市の味の素スタジアムで行われた。今年はちょうど没後10年。DJ OZMA(年齢非公表)は頭髪を同じピンク色に染めて盛り上げ、ラストはhideさんが映像で登場。11組の豪華共演で、X JAPANらが登場する4日の公演にバトンタッチした。 
トップバッターはOZMA。ロック系の他の出演者に交じると、1人だけ浮いた感じもするが、共通点は“ビジュアル系”。巧みなトークと演出で観客3万人の熱気をあおった。
トレードマークの金髪アフロヘアを一夜限りでhideさんカラーのピンク色に。「ロックンローラー精神にのっとり、トップバッターとして最後までアゲアゲで行くことを誓います」と宣誓。hideさんのヒット曲「ever free」をカバーし、歌詞を間違えると「hideさんすいません。新しい歌詞を書いてしまいました」と天を仰ぎながら謝罪。hideさんが好んだ黄色にハートマーク模様のパンツ一丁になり、盛り上げた。
音楽性は違っても敬愛する気持ちは他のアーティストも同じ。T.M.Revolutionこと西川貴教(37)は「同じ空の下で同じ人のことを思って、ここに立てていることがすべてだよね」。RIZEのボーカル、JESSE(27)は「あんなかっこいい人を誇りに思うぜ」と声を張り上げた。
もともと追悼公演は、hideさんが亡くなった直後に計画されたが、X JAPANのYOSHIKI(年齢非公表)の精神的ショックが大きく「10年後に」と先送り。歳月が傷を癒やし「ファンにも笑って楽しんでもらいたい」との思いからコンセプトは「お祭り」に。OZMAの人選もこのためで、故人をよく知る関係者は「hideさんはああいう風に自分がいじられるのは好きでしたし、喜んでいると思いますよ」と評価した。
最後に活動したバンドだったhide with Spread Beaverはトリで登場。ベーシストのCHIROLYN(42)は「100年経とうが、オレらの心にはhideが生き続けている」と胸を張った。hideさんが96年の公演で「お客さん遊び足りないアルヨ」と呼びかけたシーンがスクリーンに映し出されると、ボルテージは最高潮に。6時間に及ぶお祭り1日目はヒット曲「TELL ME」の大合唱で締めくくられた。

 


 

hide追悼公演:OZMA、トランクス姿で「アゲ♂アゲ♂」熱唱 東海林のり子が開会宣言
98年5月2日に33歳で亡くなったロックバンド「X JAPAN」のギタリスト、hideさんの没後10周年追悼コンサートが3日、「味の素スタジアム」(東京都調布市)で開かれた。X JAPANに影響を受けたアーティストが次々と出演、約5万人収容の会場を埋め尽くした観客と盛り上がった。
3月28~30日に東京ドームで行われた、X JAPANの復活コンサートは約2時間遅れだったが、この日は定刻通り午後2時にスタート。DJ OZMAさん、RIZEらが出演した。
冒頭、X JAPANの大ファンとして知られるリポーターの東海林のり子さんが登場。「一人一人の心の中にいるhideに思いをぶつけて。かかってこいよ!」とスタート宣言。DJ OZMAさんが30人以上のダンサーと登場し、ヒット曲「アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士」を2度演奏するなどした。2度目の演奏では、Toshiさんそっくりの金髪姿のダンサーが登場、大歓声の中、OZMAさんも歌いながら服を次々に脱ぎ捨て、最後はトランクス姿に。「ファンの人がこんなに温かく迎えてくれて、ほんとにうれしい。おれも命を掛けてやっているから。みなウソでも会場を盛り上げないと、次のバンドが出てこないよ」と笑わせた。
同コンサートは、4日も同スタジアムで開かれ、X JAPANやLUNA SEAらが出演する予定。


Hide過世10週年 樂迷思念祭拜絡繹不絕
5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。

5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。

 

5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。

 

5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。

 

5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。

 

5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。

 

5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。隨著X JAPAN的再度復出,從3月底連續三場的演唱會中就可得知,吉他手hide的位置一直都在其他四名團員與樂迷的心中,也因此在過世10週年的紀念日,樂迷用行動來支持對他的思念。而由X JAPAN團長YOSHIKI發起的「hide memorial summit」演唱會,3、4日兩天會在東京調布市的味之素體育場舉辦,另外由吳建恆所主持的中廣流行網「娛樂e世代-東京放送」則會在3日晚間10時播出「X JAPAN」於1997年演唱會3CD精華版,樂迷們可別錯過。

 


 

追悼ライブでhideさんボーカル8曲
98年に死去したX JAPANのギタリストhideさん(享年33)の追悼公演「hide memorial summit」が3日、東京・味の素スタジアムで行われた。YOSHIKIが会見で「オンタイムで始めようと思っています」と宣言した通り、ほぼ予定時刻にスタート。約6時間半にわたる長時間ライブに、詰めかけたファン3万人が声をからした。
最も盛り上がったのは、hideさんが参加したグループ、hide with Spread Beaverのパフォーマンスだった。この日のトリとして登場。生前に収録したPVの映像と音源を使用し、hideさんがボーカルを“務めた”。舞台の両脇に設置された3つのスクリーンに映し出されたhideさんはメンバーとともに8曲を披露。途中、X JAPANのPATAが登場するサプライズもあった。ほか、DJ OZMA、T.M.Revolution、DaizyStripperら計11組が出演した。
トップバッターを務めたのはDJ OZMA。hideさんのヒット曲「EVER FREE」を歌った際、歌詞を間違えるハプニングも。「hideさん、すみません。オレ、新しい歌詞を書いてしまいました」と頭をかいた。最後はhideさんの愛用ギターと同じ「イエローハート」柄のパンツ1枚になり、会場を盛り上げた。
同公演は4日も行われ、X JAPANやLUNA SEAら11組が参加する予定。

 


 

DJ OZMA:ピンクアフロでhideさん追悼
98年に亡くなった「X JAPAN」のギタリストhideさん(享年33)の追悼公演が3日、東京・調布市の味の素スタジアムで行われた。今年はちょうど没後10年。DJ OZMA(年齢非公表)は頭髪を同じピンク色に染めて盛り上げ、ラストはhideさんが映像で登場。11組の豪華共演で、X JAPANらが登場する4日の公演にバトンタッチした。
トップバッターはOZMA。ロック系の他の出演者に交じると、1人だけ浮いた感じもするが、共通点は“ビジュアル系”。巧みなトークと演出で観客3万人の熱気をあおった。
トレードマークの金髪アフロヘアを一夜限りでhideさんカラーのピンク色に。「ロックンローラー精神にのっとり、トップバッターとして最後までアゲアゲで行くことを誓います」と宣誓。hideさんのヒット曲「ever free」をカバーし、歌詞を間違えると「hideさんすいません。新しい歌詞を書いてしまいました」と天を仰ぎながら謝罪。hideさんが好んだ黄色にハートマーク模様のパンツ一丁になり、盛り上げた。
音楽性は違っても敬愛する気持ちは他のアーティストも同じ。T.M.Revolutionこと西川貴教(37)は「同じ空の下で同じ人のことを思って、ここに立てていることがすべてだよね」。RIZEのボーカル、JESSE(27)は「あんなかっこいい人を誇りに思うぜ」と声を張り上げた。
もともと追悼公演は、hideさんが亡くなった直後に計画されたが、X JAPANのYOSHIKI(年齢非公表)の精神的ショックが大きく「10年後に」と先送り。歳月が傷を癒やし「ファンにも笑って楽しんでもらいたい」との思いからコンセプトは「お祭り」に。OZMAの人選もこのためで、故人をよく知る関係者は「hideさんはああいう風に自分がいじられるのは好きでしたし、喜んでいると思いますよ」と評価した。
最後に活動したバンドだったhide with Spread Beaverはトリで登場。ベーシストのCHIROLYN(42)は「100年経とうが、オレらの心にはhideが生き続けている」と胸を張った。hideさんが96年の公演で「お客さん遊び足りないアルヨ」と呼びかけたシーンがスクリーンに映し出されると、ボルテージは最高潮に。6時間に及ぶお祭り1日目はヒット曲「TELL ME」の大合唱で締めくくられた。(スポニチ) 

 

 

 

 

 

5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。 5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。 5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。 5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。 5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。

 

5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。 5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。 5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。 5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。

 

5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。 5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。 5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。

 

5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。 5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。

 

5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。

 

5月2日是「X JAPAN」吉他手hide過世10週年紀念日,今年不但有音樂上的夥伴在3、4日兩天為他舉辦追悼演唱會,樂迷們更永遠忘不了這天,根據hide所安息的三浦靈園表示,2日當天約有2200名樂迷到現場祭拜,比去年多出近千人。
 

 

DJ OZMA「hideさん、すいません」追悼ライブでパニック状態
あのDJ OZMAがパニック状態に陥るアクシデントに見舞われた! X JAPANのギタリスト・故hideさんの追悼ライブ『hide memorial summit』の初日公演が3日(土)、東京・味の素スタジアムで開催され、トップバッターとしてDJ OZMAが登場。OZMAは「ever free」(hide with Spread Beaver楽曲)を熱唱するも歌詞を間違えるミスで「完全にパニックを起こした。hideさん、すいません。新しい歌詞を書いちゃいました」と天を仰いだ。 
hideさんのヘアカラーを受け継ぎ、ピンク色のボンバーヘアーで颯爽と現れたOZMAは「宣誓! ロックンロールの精神にのっとり、『hide memorial summit』のトップバッターとして最後までアゲアゲで行く事を誓います」と高らかに宣言。一曲目から「アゲ♂アゲEVERY☆騎士」でスタジアムをお祭りモード一色に染め上げた。 
しかし、ライブ中に「ever free」の歌詞を忘れてしまうハプニングがあり、即興の自作歌詞で乗り切るという一幕も。最前列の観客から「間違えた~」と笑い声混じりの指摘が飛んだが、これに対しOZMAは素直に謝罪し「みんな、思っていたより優しかった。正直ビビッてたんだ。(ファンに)やられるんじゃないかと思った」とOZMA節炸裂のトークで笑いを誘った。 
OZMAは終盤、X JAPANメンバーに扮するダンサーなどの演出も披露。ガッチリとファンの心を掴み、最後には恍惚の表情でお決まりのパンツ一丁姿も見せファンを盛り上げるなど、見事“アゲアゲ旋風”を巻き起こし、トップバッターの役目を全うしていた。 
この日はOZMAのほか、RIZEやマキシマム ザ ホルモン、T.M.Revolution、hide with Spread Beaverらも登場し、各々が存在感たっぷりの演奏で魅了していた。『hide memorial summit』は4日(日)も同所にて開催。4日はX JAPAN、LUNA SEA、DIR EN GREYといった注目バンドが顔をそろえる。

 


 

RIZEが「hide memorial summit」にてhideの名曲熱演

イメージ

 

 

 

 

 

 

4月16日にニューアルバム「K.O.」をリリースしたばかりのRIZEは、6月から全国ツアー「RIZE 2008 TOUR『T.K.O.』」をスタート。「ピンク スパイダー」も引き続き演奏し続けていくという。
本日5月3日に東京・味の素スタジアムで行われた、hide追悼イベント「hide memorial summit」にRIZEが出演。hide with Spread Beaverの代表曲「ピンク スパイダー」のカバーを披露し、大歓声を浴びた。
ライブ開催前に「RIZEはRIZEなりにやればいいんだって事は、ピンク スパイダーをカバーさせてもらって気付きました。バンドを始めた時の気持ちを思い出させてくれてありがとう」とコメントしていたRIZE。この日のライブでは、2006年にシングルとして発売し当時大きな話題を呼んだ「ピンク スパイダー」を披露。イントロが流れ出した瞬間、会場からは大きな歓声があがり、興奮のあまりJESSEがステージから"跳ぶ"というハプニングもあったが、倒れながらも演奏し続けた。
演奏直後にJESSEは「ハチャメチャなバンドですみません・・・RIZEっていいます」と挨拶。また、なぜRIZEが「ピンク スパイダー」がカバーしたかについても初めて口にし、JESSEは「普通にバンドマンって、カバーからはじめるってのが基本で、この中でもバンドやってる人とかたくさんいると思うけど、たくさんXだったりhideさんの曲カバーしたバンドはいっぱいいると思うけど、俺らもただのバンドキッズで、洋楽ばっか聴いてた中、邦楽も聴いて、日本ってかっけーバンドいっぱいいるなってほんとに思えて、だから俺らいまここに立っていると思うし、いい曲っていうのは、10年後20年後30年後、地球がなくなったとしても、AKIRAみたいな世界になったとしてもいい音楽は絶対に残っていくと思うし、だから10年前の曲だけど、今聴いても、今ぜんぜんhideさんのことを知らないヤツが聴いてもかっけーじゃんこの曲って。わりーいけどRIZEじゃなくてhideさんかっこいいんだぜってやっといえた気がするんで。hideさん、こんなかっこいい人がいてほんと誇りに思うぜ」と熱く語った。
この日、RIZEからhideを思うすべてのファンへ感謝の気持ちを込めて、「ピンク スパイダー」のそれぞれのジャケット写真を組み合わせたオリジナルステッカーが配布された。


hideさん追悼コンサートで「DJ OZMA」歌詞間違えた
「X JAPAN」のギタリストで、1998年5月2日に亡くなったhideさんの追悼ライブイベント「hide memorial summit」が3日、東京・味の素スタジアムで行われ、11組のアーティストが出演した。

「X JAPAN」のギタリストで、1998年5月2日に亡くなったhideさんの追悼ライブイベント「hide memorial summit」が3日、東京・味の素スタジアムで行われ、11組のアーティストが出演した。

 

「X JAPAN」のギタリストで、1998年5月2日に亡くなったhideさんの追悼ライブイベント「hide memorial summit」が3日、東京・味の素スタジアムで行われ、11組のアーティストが出演した。

 

「X JAPAN」のギタリストで、1998年5月2日に亡くなったhideさんの追悼ライブイベント「hide memorial summit」が3日、東京・味の素スタジアムで行われ、11組のアーティストが出演した。

 

「X JAPAN」のギタリストで、1998年5月2日に亡くなったhideさんの追悼ライブイベント「hide memorial summit」が3日、東京・味の素スタジアムで行われ、11組のアーティストが出演した。

 

「X JAPAN」のギタリストで、1998年5月2日に亡くなったhideさんの追悼ライブイベント「hide memorial summit」が3日、東京・味の素スタジアムで行われ、11組のアーティストが出演した。

 

「X JAPAN」のギタリストで、1998年5月2日に亡くなったhideさんの追悼ライブイベント「hide memorial summit」が3日、東京・味の素スタジアムで行われ、11組のアーティストが出演した。トップバッターを務めたDJ OZMAは、髪をピンク色に染めて登場。大ファンだったそうで、hideさんの「everfree」を披露したが、歌詞を間違え「完全にパニック起こしたよ。hideさんスイマセン」と天国に向かって頭を下げていた。トリを務めた「hide with Spread Beaver」は、hideさんが歌う大画面の映像に合わせ演奏。まるでステージにいるような演出で会場を沸かせた。
イベントは4日も同所で行われ、X JAPANなどが出演。5日午後4時からWOWOWで放送される。


補充*JaME hide Memorial
http://www.jame-world.com/uk/theme.php?id=293
 

 


無敵バンド hideに捧げる
98年に33歳で死去したロックバンド「X JAPAN」のメンバーhideさんの初追悼ライブ「hide memorial summit」の最終公演が4日、東京都調布市の味の素スタジアムで開かれた。
フィナーレでは、X JAPANやLUNA SEAらこの日の出演者と、T.M.Revolution(37)ら計60人が「無敵バンド」と題してステージに登場。貴重なセッションで約5万人のファンを喜ばせた。
X JAPANのアンコールステージは、まさにサプライズの連続。hideさんのソロ曲「ピンクスパイダー」の際にLUNA SEAが登場。YOSHIKIがギターを演奏し、真矢(38)がドラムを担当。TOSHIのボーカルに乗せてSUGIZO(38)もギターに加わった。
さらに、LUNA SEAの曲「BELIEVE」を、RYUICHI(37)とTOSHIのダブルボーカルに加え、真矢の代わりにYOSHIKIがドラム演奏。RYUICHIは「TOSHIさん、一緒に歌えて感激です!!」と感無量だった。
そして、最後の曲「X」では、TOSHIが「『無敵バンド』でいくぞ~」と絶叫すると、この日の出演者全員がステージに集結。TOSHI、RYUICHIに加え、前日に出演したT.M.Revolutionとのトリプルボーカルや、YOSHIKIとSUGIZOのギター共演などが実現し、会場のボルテージは最高潮に達した。
 

 

 


セカンドライフ内で元X Japanのギタリスト・hideの追悼祭を開催中 骨髄バンクのチャリティも
セカンドライフ内で、元X Japanのギタリスト・hideの没後10周年を記念した追悼祭「Gate of Psychommunity ~ 壊れた時計が話しかけるよ ~」が開催されている。ファンは是非hideへの思いを仮想世界でも形にしてみては如何だろうか?
hideは先日復活ライブも行われたロックバンド「X Japan」のギタリストでミュージシャン。音楽だけでなくデザインワークにおいても才能を発揮し、国内のみならず海外にも多くのファンやフォロワーが存在する。そんなhideが不慮の事故により他界してから早10年。今回その没後10周年を記念してセカンドライフでも追悼イベント「Gate of Psychommunity ~ 壊れた時計が話しかけるよ ~」が行われる。
イベントの開催期間は5月1日(木)から5月10日(土)までの10日間。「Shinobiya land」SIMに特設会場が設置され、 動画の配信や生前hideが愛用していた”hideモデル”ギターの紹介、”お祈り”ポーズ付き祭壇の設置、PVで使用された車の再現展示などが行われており、併設されているカフェ「Cafe La Psycence 2008edition」では”hideモデル”ギターや生前彼が愛用していたパーカー、トレードマークの蛍光ピンクの髪の毛、hideをイメージした限定ネイルが無料配布されているので、全てもらえばあなたもhideになりきることができる。因みにSIMのBGMはhideが生前出演していたラジオのトークで、hideが音楽を志すきっかけについても語っている貴重なもの。
尚、hideの軌跡の紹介だけでなく、生前骨髄バンク支援活動を行っていたhideの遺志を継ぐ形で財団法人骨髄移植推進財団の募金チャリティブースも設置されている。ユーザーは1L$から好きな額を募金できるようになっているので是非協力してみて欲しい。
5月9日(金)と10日(土)にはセカンドライフ内で活躍しているバンドやDJが集まってのライブイベントも開催されるので要チェックだ。

 

 


X JAPANとLUNA SEA 追悼合体
hideの映像とともに熱唱するドラムスのYOSHIKIとボーカルのTOSHI
Photo By スポニチ
98年に亡くなった「X JAPAN」の元ギタリストhideさん(享年33)の追悼公演が4日、東京・調布市の味の素スタジアムで行われた。今年3月に11年ぶりに再結成したX JAPANをはじめ、昨年12月に一夜限りで7年ぶりに復活したLUNA SEAらが出演。ラストには両バンドが16年ぶりに共演。サプライズの連続に5万人の観衆は興奮しっぱなしだった。 
夢のような光景が繰り広げられた。トリを飾ったX JAPANのステージ。ドラムスのYOSHIKI(年齢非公表)がギターを手にして、hideさんの名曲「ピンクスパイダー」がスタート。しかもギターは黄色にハートマークのhideさんモデル。LUNA SEAの真矢(38)が代わりにドラムを叩き、TOSHI(42)は天を指さしながら歌った。
サプライズは続いた。TOSHIは「めったに見れねーぜ。物珍しいのをいくぞ」とニヤリ。LUNA SEAのメンバー全員を呼び寄せると、YOSHIKIのドラムスでLUNA SEAのヒット曲「BELIEVE」を計9人でセッション。両雄の共演は92年10月、YOSHIKIが主宰したレコード会社の所属アーティストによる祭典「エクスタシー・サミット」以来だ。
ラストはX JAPANの「X」。TOSHIが「無敵バンドでいくぞ」と叫ぶと、出演者全員と、前日3日に出演した西川貴教(37)も登場。ボーカルもギタリストも5人ずつで、演奏者以外は旗を振るなどして総勢60人がズラリ。スクリーンに映し出されたhideさんが「飛べ、飛べ」と叫び、5万人の観客が一斉に恒例の「Xジャンプ」。会場が揺れた。
没後10周年を迎え企画された追悼祭。いまだhideさんの死を受け入れられないファンも多く、プロデューサーのYOSHIKIは「最後はみんなに笑ってほしい」と「祭り」をテーマにした。昨年一夜限りで復活したLUNA SEAは、デビュー前に自分たちの才能を見いだしてくれたhideさんのために再度、集結。愛されたhideさんだからこそ、実現した夢の一夜だ。
TOSHIが最後に空を見上げて「hide、ありがとよ!」と締めくくり、最後は全員が笑顔だった。

 


X JAPANとLUNA SEAが魂の合体!!
元X JAPANのギタリスト・hideさんの没後10年を記念したイベントライブ「hideメモリアルサミット」の最終日公演が4日、東京・調布市の味の素スタジアムで行われ、X JAPAN、LUNA SEAなどが出演した。ラストでは2組のバンドが合体した夢のグループ「無敵バンド」が「X」を披露。5万人のXジャンプで熱狂の夜を締めくくった。
「無敵と書いてEXTASYと読む!」(YOSHIKI=年齢X)。「hideメモリアルサミット」は、YOSHIKIが設立した「EXTASY RECORDS」のイベント「EXTASY SUMMIT」の2日間限定の“復活”でもあった。
X JAPANのステージがアンコールに入ると、SUGIZO(38)、真矢(38)らLUNA SEAのメンバーが次々に登場した。真矢がドラムの位置につくと、YOSHIKIは黄色にピンクのハート柄がついたhideさんモデルのギターを手にした。hideさんの曲「ピンクスパイダー」でギターをかき鳴らすYOSHIKIの姿に会場は絶叫した。
ボーカル・RYUICHI(37)が登場すると、今度は逆にYOSHIKIがドラムをたたきLUNA SEAの「BELIEVE」を披露した。92年の「EXTASY SUMMIT」以来の共演は、hideさんのために催した宴だからこそ実現したシーンだった。
最後はLUNA SEAの全員や、前日ステージに立ったT.M.Revolutionの西川貴教(37)、出演バンドのメンバーも加わり、総勢60人の無敵バンドが完成した。hideさんの名の下につどったロック野郎たちは唯一披露した「X」を心底楽しんだ。TOSHI(42)は何度も「hide!」と天に向かって絶叫。5万人のファンは10年分の思いをぶつけるように魂のXジャンプを繰り返した。
 

 


hideさん追悼YOSHIKIがギター

&nbs

相簿設定
標籤設定
相簿狀態